キャッシュフローの改善には現金の分量が重要!


キャッシュフローを改善したいと思った時に注目したいのが資金の流れやすさです。資金の流れやすさというのは実は現金の分量にも密接に関係していて、しっかりと資金の流動性を確保することは資金の分量を増加させることとほぼ同義と考える事ができます。資金の流動性を確保し、しっかりとキャッシュフローを改善するようにしましょう。

1資金不足の正体

資金不足というのは非常に経営者にとって悩ましいものでしょう。経営を行うにはどうしても資金が必要になり、経営者として適切な資金の確保を行わなければいけません。資金不足に陥った時に真っ先に行いたいのが資金の確保ですが、実はこの資金の確保よりも先に行うべきなのが資金の流動性の確保です。資金というのは溜まっていても流動性が悪ければ資金が不足しているのと同じになってしまい、資金が少なすぎる事が原因で資金不足になっているのとほとんど同じになってしまいます。企業経営で欠かす事ができない資金の流動性についてしっかりと理解をしておきましょう。

2売掛金のファクタリング

売掛金のファクタリングは非常に便利な存在で、資金の流動性を確保する上で欠かせません。売掛金というのは売り上げとして計上されているものなので、利益として計上されているのですが、残念ながら手元の資金に反映されるまでにはある程度時間がかかってしまいます。

このようなタイムラグを解消する事でキャッシュフローを改善するのがファクタリングの役割です。ファクタリングは売掛金をファクタリング企業に売却する事で早期に現金化する仕組みで、この仕組みを利用すると申し込みから数日前後で、早い場合では即日で資金を確保する事ができます。しっかりと利用を検討してみましょう。

3手形の割引も利用したい

手形の割引も非常に便利な資金の流動化法です。手形が発生している時には売掛金と同じように割引などを利用して現金に帰る事が非常に重要です。売掛金を現金に帰るにはまずファクタリングを同じやり方で手形の割引を行う事が重要です。手形の割引はファクタリングと同じように企業の審査が必要になりますが、手形の管理などの面倒さを考えると非常に便利な存在でしょう。

ファクタリングと異なり、不渡りのリスクがあったり、審査の問題があるので、必ずしもベストな選択というわけではありませんが、手形の割引を利用するのは企業経営を行う上で非常に良い判断という事ができます。

手形の割引はファクタリングに比べて時間がかかる傾向にあるので、しっかりと両者の使い分けを行い、資金集めをしましょう。