キャッシュフローをわかりやすく解説!注目点はここだ!


キャッシュフロー計算書はどの企業でも利用される非常に便利な存在だと思います。キャッシュフロー計算書を利用して企業の経営方針を決めたり、キャッシュフロー計算書で様々な企業の状態を把握する事ができるので、しっかりと注目点を理解しておくと役立ちます。キャッシュフロー計算書について基本的な知識を身につけておきましょう。

1キャッシュフローとは

キャッシュフローというのは貸借対照表でいうところの現金に当たる部分がどのようになっているのかを把握するための財務諸表の一つで、まず、利益と現金の違いについてしっかりと理解する事ができます。利益というのは損益計算書を見る事で把握する事ができるのですが、現金の分量をしっかりと把握するのにはキャッシュフロー計算書を欠かす事ができません。

しっかりとキャッシュフロー計算書を有効活用する事ができるようにしっかりとキャッシュフロー計算書の基本を理解しましょう。

2営業キャッシュフローに要注意!

キャッシュフロー計算書を見る時に注意したいのが営業キャッシュフローがプラスでも過信しないという事です。営業キャッシュフローがプラスになっていると利益が拡大していると思いがちになってしまいますが、しっかりとその分財務キャッシュフローの資金調達とのバランスが取れているのかを確認しなければいけません。

営業キャッシュフローがマイナスになっている場合には財務キャッシュフローからの資金の流入があり、企業の経営が安定しているかどうかをしっかりと確認する必要があります。営業の失敗がある場合には営業の利益拡大や赤字状況を改善するようにしっかりと分析する事が非常に重要です。キャッシュフローの分析を適切に行い、しっかりと企業の資金を確保するようにしましょう。

3投資キャッシュフローの見所

投資キャッシュフローがマイナスで安定している場合にはその投資の資金と財務キャッシュフローとの関係に注目すると良いでしょう。投資の資金を安定供給する財務の収入を得ているのかどうか確認し、安定した投資ができているのかどうかをしっかりと確認しておく必要があります。また、この投資を行った後に営業キャッシュフローの成長が現れるかどうか確認しておく事が非常に重要です。

キャッシュフロー計算書は非常にわかりにくいものかもしれませんが、しっかりと見所を抑えて分析する方法を知っておくと役立ちます。資金の不足などのトラブルが確認できる場合にはファクタリングや社債の発行などを利用して資金獲得を行いましょう。