キャッシュフロー計算書の基本!知っておきたい分類の知識


キャッシュフロー計算書は現在の企業の経営状態の結果を見る上で欠かす事ができない非常に重要な存在です。キャッシュフロー計算書をしっかりと理解しておくと企業経営の基本をしっかりと理解する事ができます。お金の流れを把握することは経営を支える非常に重要な知識です。しっかりと納得のいく経営ができる様にキャッシュフロー計算書についてよく理解しておきましょう。

1キャッシュフローという考え方

キャッシュフローというのは資金の流れのことで、会社の内部を流れる資金がどこから流れてきて、どこに流れ出て行くのかを把握する上で欠かす事ができません。

キャッシュフローを理解しておくと企業経営の結果が適切だったのか、その経営方針が本当に正しかったのかどうかを調べる事ができます。キャッシュフローの分類とキャッシュフロー計算書の活用法・他の諸表との違いをしっかりと把握する様にしましょう。

2キャッシュフロー計算書の分類

キャッシュフロー計算書は営業キャッシュフロー・投資キャッシュフロー・財務キャッシュフローの三種類からできています。それぞれのキャッシュフローで注目すべきポイントが異なっているので、しっかりと注目すべきポイントを抑えてキャッシュフロー計算書を見ておくと役立ちます。

キャッシュフロー計算書の中でも営業キャッシュフローは常にプラスになっていたい数値でしょう。大企業であれば一過性のマイナスに耐えることもできるでしょうが中小企業では赤字が経営破綻のきっかけになりうるので、この値がプラスになる様に注意しておきたいポイントです。

投資キャッシュフローはマイナスの値になっている方が企業活動が活発化していると考える事ができます。投資を行う金額が増えるほどマイナスになるので、ある程度継続して投資を継続する事で、営業キャッシュフローがプラスに傾く事ができる様に、注目しておきましょう。

財務キャッシュフローはその時の経営状態によってプラスの値になるのか、マイナスの値になるのかが左右されます。

それぞれの値がどの様になっているのか注意しておかなければキャッシュフローを正確に把握する事ができませんし、何よりもキャッシュフローの値の捉え方やその数値の内部にまで注目する事が非常に重要です。営業キャッシュフローがプラスになっているのであれば、そのプラスがどの様な要因でプラスになっているのか、投資キャッシュフローがマイナスになっているのであればそのマイナスの値が本当に意味のあるマイナスなのかと考える事が重要です。数字に注目するだけでなく、数字の中身にまで注目する様に心がけておきましょう。