企業買収とキャッシュフロー!どうやって読み解くの?


企業買収を行うのは現代の経済界を鑑みるとごくごく当たり前のことだと思います。企業買収を行なった結果をしっかりと確認しなくては企業の状態を正しく評価する事ができませんし、この様な指標は現在では企業経営者にとって当たり前の様に理解しなければいけない考え方です。会社の数字を適切に理解する事ができる様に、キャッシュフローと買収についてしっかりと理解しておきましょう。

1キャッシュフローとは?

キャッシュフローというのは簡単にいうとお金の流れのことです。会社の内部に流れている資金がどこから発生し、どこに流れているのかを把握するのに非常に役立つ指標で、この様なキャッシュフローをわかりやすく表したものがキャッシュフロー計算書です。キャッシュフロー計算書を利用しておくと経営の結果を非常にわかりやすく把握する事ができるので、キャッシュフロー計算書をうまく利用する事が非常に重要です。

キャッシュフロー計算書では財務キャッシュフローや投資キャッシュフローの値にしっかりと注目しておくと投資の成果や財務活動の成果をしっかりと把握する事ができます。特に企業買収が関与しているときには投資キャッシュフローに注目する様にしましょう。

2投資キャッシュフローと企業買収

投資キャッシュフローの値は当然プラスになっていればいいはず!と考えてしまうのはキャッシュフローの根本を理解していない証拠です。この様に考えた方はまず、投資キャッシュフローの基本をしっかりと理解しなければいけません。

投資キャッシュフローの値は企業の経営状態が非常に優れている場合には投資の拡大によってマイナスの値になります。特に企業買収を行ったときには投資キャッシュフローがマイナスの値になり、ある程度安定した投資が行われているのかどうか、継時的に調べておかなくてはいけません。

 

3独力での判断が難しい場合には

企業の経営方針を自社の判断だけで判断を下すのが難しい場合には経営コンサルタントなどの経営の専門家に依頼して経営状態を外部的に判断してもらったり、経営方針を見直しておく事が重要です。特に公認会計士の様に企業内部の資金の流れに長けている人材を味方につけて企業の状態把握につとめるといいでしょう。企業経営にはキャッシュフロー計算書の把握が非常に重要で、企業買収の成果の判断まで考えるためにはかなりの経験と知識が必要になります。しっかりと専門家を有効活用して経営に活かしていきましょう。