事業資金の流動性は経営の鍵!キャッシュフローに注目しよう


事業資金についての理解を深めるためには会社の内部で流れている資金をしっかりと理解しておく事が必要になります。

1資金の確認で欠かせないのが流動性

資金というのは貯まる事が非常に重要だと思われてしまいがちですが、実は資金というのは溜まっているだけでは決して役に立たないということをしっかりと意識しているでしょうか。経済的な観点に立つと非常によくわかるのですが、資金というのはまず動いている状態にならないとしっかりと利益を確保する事ができません。

資金を活かして利益が出てこなければ収益の拡大ができず、気がつかない間に赤字経営になっていたり、気がつくと資金が不足してしまったりと厄介な問題点しかありません。しっかりと資金が収益をあげてくれるように適切な経営を行う必要があるので、流動性に注目して収益を拡大するようにしなければいけません。

2流動性の確認にはキャッシュフローを見る

資金の流動性を確認するためにはキャッシュフロー計算書を確認して資金獲得をする事が非常に重要です。キャッシュフロー計算書は営業キャッシュフロー・投資キャッシュフロー・財務キャッシュフローの3点の着眼点から資金の流れを確認するもので、投資がどれだけ行われているのか、財務活動の支払い・利益の状態はどうなっているのか、営業利益は損失分をカバーして利益を生み出しているのかといった着眼点が全てわかるようになっています。

キャッシュフローの確認を通じて経営の方針決定を行う事ができますし、キャッシュフローが悪い状態になっている時には原因の解決を行う必要があります。しっかりと経営にいかしていきましょう。

3キャッシュフローの問題点を確認する

キャッシュフローの問題点を確認するためにはまずしっかりと原因の究明が必要になります。キャッシュフロー計算書の中でも特に営業キャッシュフローは非常に重要で、営業上の資金の流れが悪くなっている場合には注意しなければいけません。このため、資金の流れが悪くなっている場合にはファクタリングなどの現金化手段を使ってキャッシュフローの改善をする事が必要になる場合があります。ファクタリングを利用したところでキャッシュフローが本当に改善したわけではないので、適切な経営の改善が必要になりますが、資金不足が原因となって投資が縮小していたり、営業を大きくできない事があるので、ファクタリング は経営に役立ちます。資金獲得ができるとそれだけで経営が安定化するので、しっかりと有効活用するように心がけましょう。