キャッシュフローの着眼点!平均に騙されない経営のコツ


キャッシュフロー計算書を読み解いて経営状態を見るのは経営者にとって非常に重要なものです。キャッシュフロー計算書を見るときに知っておきたいのが実は基本的な統計学の基礎知識です。平均に騙されない経営を行うために必要な基本的な考え方について説明をいたします。

 

1キャッシュフロー計算書を読み解く

キャッシュフロー計算書を読み解くときに気になるのが、平均的な値ではないでしょうか。自社のキャッシュフローであればどのような状態になればいいのか、どのくらいのキャッシュフロー計算書であれば問題なく、経営を行えているのかと、多くの方は平均値が気になってしまいます。

ここで注意して欲しいのが実は平均というのはあまり当てになるものではないということです。平均値というのは残念ながらあくまでも目安の数値であり、この数値を正しく理解するためには分散を考えなくてはいけません。

分散というのは簡単にいうと平均値からどれだけずれているのかを表す指標で、しっかりと分散を考えることで平均値がどれだけ正確な値なのか、平均値を考えるときにはどれほどその値からの散らばり度合いがあるのかを考えることでよりその値が信憑性があるのかどうか評価できます。しっかりと適切な評価ができるように、分散についても理解しましょう。

 

2キャッシュフローを活かすには

キャッシュフローを活かすためにはまず、平均値を見て経営を行うのではなく、企業としての目標を立てて経営を行う事が重要になります。企業経営を考える上で他企業の出した値を参考に平均的な値を求めたとしても当てにはなりません。自分の企業であればどれくらいの値になるのが適正なのか、どれくらいの数値であればより安全な経営という事ができるのかをしっかりと判断し、目標設定をする事が非常に重要です。

このためにはキャッシュフロー計算書を読み解く目がかなり求められてきます。しっかりと経営に活きる目を養うようにしましょう。

3キャッシュフローの改善で経営を立て直す

キャッシュフローが悪化しているときには資金の流れをよくする事が役立ちます。資金がしっかりと流れるようになるだけで企業の動きが良くなり、より柔軟でより自由度の高い経営を行う事ができるようになります。

会社経営において安全な経営というのは時に逃げの姿勢になってしまうこともあるのですが、目標を定めた上での多少の冒険や目標を定めた上での撤退は必要な経営判断です。しっかりと経営に役立つように、平均値に惑わされない経営を行いましょう。