キャッシュフロー計算書の分析の基本!増加の要因を知ろう


キャッシュフロー計算書を利用して経営を行うキャッシュフロー経営はどの企業でも導入されている非常に重要な経営上の着眼点です。経営を改善するためにはどうしてもキャッシュフローの見方を勉強していく必要があり、どのような観点でキャッシュフローが増加するのか把握しておくのは非常に重要なことです。キャッシュフロー計算書の見所について一度皆さんにご紹介いたします。

1キャッシュフロー計算書の分析の基本は営業キャッシュフロー

キャッシュフロー計算書を分析したいと思った時に注目したいのはまず、どのような分類のキャッシュフローが増加すべきなのかという観点です。キャッシュフロー経営を行う時にはまず、営業キャッシュフローと財務キャッシュフローに注目しておくことが重要です。

営業キャッシュフローがマイナスになっていると企業として行っている事業が失敗していたり、しっかりと利益を回収できていないということなので、企業経営を行う場合にはまず営業キャッシュフローをプラスにし、しっかりと事業としての利益が発生している状態を作り出すことが重要なのです。増加を狙うのであれば事業の収益の増加を行うことが重要なので、利益率の見直し、販売を考える上で欠かせない在庫の解消などしっかりと目を向けていきましょう。

2財務キャッシュフローにも注目

この他にも、皆さんに注意してもらいたいのが財務キャッシュフローです。財務キャッシュフローがプラスになっている場合には資金が溜まりにくく、資産が出ていきやすい状態になっていると自覚しておくことが重要で融資に頼りがちになっているとこを懸念しなければいけません。

営業キャッシュフローがプラスの場合には財務キャッシュフローがマイナスになっていることが重要なので、しっかりと借金の返済を行うことが大切です。財務キャッシュフローは借金で増加するものなので、プラスになっている場合にはその原因を理解しておきましょう。

3バランスを常に意識しよう

キャッシュフローは常にプラスにしておく必要はありません。財務キャッシュフローがマイナスになっている時には借金返済がうまく行っているという証拠なので、営業キャッシュフローがプラスの時であれば問題ありません。

また、事業の拡大を狙っている時には営業キャッシュローの拡大を狙って銀行からの融資を受けることがあるので、このような場合には財務キャッシュフローがプラスになっても問題ないでしょう。しっかりと企業の状態に合わせて財務キャッシュフローの状態を調整していくと企業経営の安定化を測ることができます。経営をより安定化させるためにもキャッシュフローのバランスに注目するようにしましょう。