キャッシュフローの増加の要因は何?経営の健全化に必要な基礎知識


キャッシュフローを調べてみたら、キャッシュが減少してしまっていた。こんな状態が続いている企業は日本にも数多くあるはずです。経営者の方であればよくご存知のことだと思いますが、キャッシュフローの減少は経営状態を傾ける一番気をつけたい要因です。キャッシュフローの増加の秘訣をしっかりと見直しましょう。キャッシュフローの変動とそのリスク、ファクタリングの魅力についてみていきましょう。

1キャッシュフローの減少に債権あり

キャッシュフローが減少してしまった。こんな状態が続いていると黒字倒産などのトラブルの原因になり、企業経営にとってあまりいい状態とは言えません。このため、キャッシュフローを考えるときにはしっかりと債権がどれだけあるのかを正確に把握する必要があります。

債権を多く抱えている場合には当人にとっては財産を保有している、返済を受ければ経営に問題はないと考えがちになってしまいますが、経営状況を考えると非常に危険な状態なのです。

2債権を抱えるリスクとは

債権を抱える状態が続いていると、債務企業の倒産など常に一定のリスクを抱えている状態が続きます。このような状態が長引いていると企業自体に資産を保有しているものの、流動しているキャッシュが減少するため企業経営が圧迫され、やがて経営難に陥ってしまうことがあるので、しっかりと債権の回収をしておくことが重要になります。

相手がた企業が倒産した場合には先取得権という権利のある従業員の給与などが先に倒産企業に残された財産から支払われることになり、一般債権は先取得権のある債権の支払いを受けた後に支払われることになり、場合によっては不良債権を抱えたままになってしまいます。このため、債権回収の手段をしっかりと理解しておくことが重要になるのです。

3債権回収で活躍するファクタリング

債権の回収で知っておきたいのがファクタリングです。債権回収の代表格である売掛金の回収は企業の経営状態を改善する最も手っ取り早い手段で、手形の割引よりも素早く、資金を回収する手段として広く利用されています。緊急で資金が必要になったときには手形の割引を行なったり、銀行から融資を受けるのはあまり得策ではありません。ファクタリング企業の売掛金の引受は迅速かつ確実に行われるので、緊急の資金調達にうってつけの手段です。債権回収を行うことでキャッシュフローを増やすことができます。しっかりと債権の回収を行って、企業経営を改善していきましょう。