キャッシュフローの考え方の基礎知識!増減の原因を把握しよう


企業経営で気をつけたいのがキャッシュフローです。皆さんキャッシュフローをしっかりと把握しているでしょうか。キャッシュフローは企業経営や個人の収入の分析をする上でも欠かすことができない非常に重要な注目ポイントです。知っておきたいキャッシュフローの基礎知識を身につけ、しっかりと経営に活かしておきましょう。

1キャッシュフローの基本は期間の成績把握

キャッシュフローと貸借対照表と損益計算書は企業経営把握の三種の神器のような存在ですが、キャッシュフローは他の2つとは異なった性質があります。

企業の1時期の営業・投資・財務の三種類の活動によってどのようにお金が入り、どのようにお金が出て言ったのかを明確に表すキャッシュフローは他の2つが一瞬の企業の状態を提示する血液検査のようなものと考えることができるのに対し、一定期間の状態を明確に表すことなる検査指標と捉えるとわかりやすいかもしれません。

キャッシュフローを明確にすることでどのように企業の活動が変化し、どのように企業に流れているお金が増減したかを明確にすることができます。キャッシュフローを知ることは企業の活動の方向性を決める上で欠かすことができない重要な要素となるので、経営者の方はしっかりとキャッシュフローを理解しなければならないのです。

2キャッシュフローが減少したら

キャッシュフローが減少しているということは企業の活動が停滞し、業績が不振に陥っていると判断することができます。このような状態になった場合にはまずキャッシュインとキャッシュアウトを明確にし、しっかりと対処をしなければいけません。

キャッシュインを増額させるには営業活動を活発化させるか、財務収益を拡大するのが一般的ですが、この時に注意したいのが、本当にキャッシュインに算定されない債権がどれだけあるのかを把握することです。債権の分量が多い場合には注意をしましょう。

3債権の回収でキャッシュを増やす

キャッシュが少なくなっている場合には企業経営に注意が必要です。債権が多いということは手元のキャッシュが少ない状態ということなので、企業経営にとってあまりメリットはありません。キャッシュを増やすためにはファクタリングや手形の割引など、色々な手段があります。また、キャッシュが少ない状態は黒字倒産などの憂き目に会う可能性もあるので、しっかりと経営状態の改善が必要になります。ファクタリングに合わせて、経営コンサルタントに相談をし、健全な経営を目指すように心がけましょう。