キャッシュフローは直接法を使ったほうが楽?収支判断に活用


キャッシュフローを計算書に記載することが重要になっていますが、この時にどのような記載を行っていくのが大事なのかしっかりと判断してください。間接法と直接法を持っているのがキャッシュフロー計算書ですが、直接法を活用するとわかりやすくなります。収支の判断が付けやすくなったことで、どのように会社が展開していけば良いのか判断できるのです。

キャッシュフローの直接法とは

直接法は、キャッシュフローの計算を直接行っていくような方針を採用しています。直接計算しているような方法を取っていますので、これまでよりも計算自体はわかりやすく表示されます。どれくらいの融資を受けることができて、お金を出している金額などの流れがわかりやすくなり、キャッシュフローの計算が楽にできます。
記載する場合も、得ている金額に対して収支がわかりやすいように表記します。表記の方法を間違えてしまうと、キャッシュフロー計算書で苦労することになりますので、必ず上から順番に収支の流れがわかりやすいように記載することになります。

キャッシュフロー直接法のメリット

将来的な予測が可能になるメリットを持っているのが直接法です。キャッシュフローの流れがわかって、使いすぎているような状況も判断しやすくなります。直接法を使わなかった場合は、将来の予測をすることがかなり難しくなっていくのです。
金額の収支がわかっていくようになり、資金繰りも安定して行えるように調整できることから、将来的に大きなキャッシュフローが発生している場合でも安定させることができます。不安を取り除くことができる点では大きな方法となります。

直接法にはファクタリングも関連

ファクタリングを活用している場合でも、キャッシュフロー直接法を使うことができます。ファクタリングの場合は、収支に加えておくことにより、ある程度資金を安定して受け取っているような状況を作り出せるのです。ファクタリングを使っている人は、直接法でキャッシュフロー計算書を作成した方がいいです。
ファクタリングは、売掛金などの数字が簡単に資金に変わってくれるので、通常よりも資金に関連する項目でプラスとなります。更に事業展開が早く進められるようになっていくことで、事業による売掛金が発生しやすくなり、ファクタリングを使い続けることもできます。
キャッシュフロー計算書を見ながら、今後の融資についても考えていくことが望ましく、ファクタリングも活用しておきたいものです。