キャッシュフローは増資でも可能!リスクを考えて検討を


キャッシュフローの流れを作っていくことが重要になりますが、流れを作る際の還元の部分で必要となっていくのが、資金を得ることです。資金調達の方法として、増資を活用している企業も多くなりますが、劇的にキャッシュフローを作れるようになる代わりに、リスクを背負っていることに気をつける必要があります。

増資はキャッシュフローを作り出す

増資というのは、還元の部分に該当する財務キャッシュフローに該当していることで、増資によって得ている資金を会社に還元させて、新しい事業に展開していく形になります。増資は借金とは異なりますので、返済する必要がありません。つまり返済については考えていくことがないので、増資によって得ている金額で事業を展開しやすくなります。
キャッシュフローを作れるようになり、増資によって次々とお金が入ってくるようになれば、事業の展開は非常に早くなります。大きな事業にも使えるようになりますから、会社として一大プロジェクトを立ち上げ、実施していく方法もできるでしょう。
ただ、リスクがあることを理解していないと、キャッシュフローの流れが止まる可能性もあります。

増資によるリスクを考える

増資のリスクは、会社の経営権を掌握される可能性があり、思っていたような事業展開ができないケースです。増資の大半は株式を発行する手法で、残りがベンチャーキャピタルを活用する方法がですが、どちらにしても増資に協力してくれる会社の要望を聞かなければなりません。要望に答えられないと、最終的に増資が不可能になり、財務キャッシュフローは止まってしまいます。
経営権を掌握されることは、相手が希望している事業ばかりを展開するようになり、口出しができなくなってしまいます。予定していた事業を停止されてしまい、他の分野へ投資を使われる可能性がありますから、思っていた以上にリスクを背負ってお金を得ている方法となります。

リスクを小さくする方法は

リスクを小さくするためには、契約している売掛金を活用したファクタリングが有効です。売掛金は増資とは異なり、どちらかと言えば借入に近い方法です。ただ、返済のリスクが極めて小さいことに加えて、売掛金の契約がしっかりできているようなら、大きな金額も出してもらえます。
ファクタリングであれば、キャッシュフローの流れは作りやすくなり、スムーズに事業展開が行なえます。相談も行いやすいので、困っているときにはファクタリングの会社に連絡を入れてみると良いでしょう。