キャッシュフローの改善は事業継続に重要!改善方法は?


キャッシュフローは、改善しないことには大きな損失を生み出し、事業を継続できなくなってしまいます。改善することが絶対条件となり、事業継続を図るならぜひ行ってください。
どのように改善していけばいいのか、そのテクニックを紹介します。

改善のポイント1:経費削減を図る

そもそもキャッシュフローは、お金の流れによって生み出されているものです。入金されるまでには時間がかかり、支払っていく金額は早く出ていくようになり、キャッシュフロー計算書では黒字なのに、手元にお金がないことも多いのです。

そこで改善していくポイントの1つとして、経費削減をしっかり図る方法があります。様々な部分に経費がかかっていますが、1つずつ洗い出してください。余計に経費のかかっているポイントは、減らす方法を模索してお金を手元に残し続けるようにしていきます。

キャッシュフローの改善には、自分たちの会社が身を削る事を考えていく必要もあります。経費削減は改善に劇的な効果を持ちます。

改善のポイント2:後払いの活用

他社との契約によって、製品の導入などで支払いが必要となる場合があります。
製品を導入したいけど、先に払うように言われてしまうと、手元にお金が残らなくなってしまいます。
後払いを活用していると、導入する製品を得てから支払いを行うので、キャッシュフローの改善が図れます。
債権を減らしてお金を残しやすくすることで、キャッシュフロー計算書の通りにお金が計算されているようになります。

改善のポイント3:クレジットカードを積極的に使う

支払いを遅らせることのできる方法として、後払い契約を結びたいところですが、企業によっては認めてくれません。
無理やり後払いにして、キャッシュフローを把握しやすくするために、クレジットカードを活用する方法もあります。
クレジットカードの支払いは、使った翌月か翌々月になります。
費用を払うことになったとしても、売上金などを得てから支払えるようになるので、リスクを軽減できるのです。
クレジットカードを活用する方法も、非常に有効とされています。

キャッシュフロー改善には支払いの選択が大事

経費削減などによって、キャッシュフローの改善も可能になりますが、後払いの契約も積極的に使って、黒字なのにお金が無い状況を減らしましょう。
少しでも減らせるように工夫すれば、キャッシュフローの改善は劇的に行われて、安心して事業継続が可能になっていきます。