営業キャッシュフローがマイナスになる原因とは?


営業利益が黒字なのに、営業キャッシュフローで赤字が出ている企業は珍しくないと言えます。営業CFがマイナスになってしまう原因について考えて行くようにしましょう。

営業キャッシュフローとは?

営業キャッシュフローは、商品販売や仕入れ、経費、人件費など、営業活動において発生するキャッシュの動きをあらわすキャッシュフローです。 営業キャッシュフローを作成する方法には、直接法と間接法がありますが、直接法では様々な支払いなど取引ごとの総額でキャッシュフローを表示します。 間接法は損益計算書の税金等調整前当期純利益に減価償却費など非資金損益項目等を調整し、キャッシュフローを計算します。間接法ではいくら売上代金が入ったのか、取引ごとのキャッシュフローは確認できません。 ただ、直接法のように取引ごとのキャッシュフローを把握するための作業は手間がかかるため、一般的には間接法が用いられることが多いようです。

原因は営業キャッシュフローの内訳のどこかにある

キャッシュフローの仕組みがあまり理解できていないという場合や、キャッシュフロー計算書に馴染みがない場合には、営業キャッシュフローがマイナスである原因がわからないというケースもあるでしょう。
営業キャッシュフローの内訳項目は色々ありますが、まずは税金等調整前当期純利益から始まり、そこから営業キャッシュフローの主要項目を足し引きして算出します。そのため内訳のどこかにマイナスになる原因があると言えるでしょう。

非現金支出費用は原因に関係する?

例えば税金等調整前当期純利益が赤字ならそれが原因だと特定することは簡単ですが、現金を支出しない減価償却費や減損損失、のれん償却額等が前期よりも急減していたらどうでしょう。
この非現金支出費用が多くなると税金等調整前当期純利益の金額もその分少なくなりますが、キャッシュフロー計算書で非現金支出費用は税金等調整前当期純利益の金額に加算されます。
そのため非現金支出費用の金額は営業キャッシュフローには影響しないということになるでしょう。

営業活動と関係ない内訳は除外

そのように考えた場合には、営業利益が黒字なのに営業キャッシュフローが赤字である原因は非現金支出費用以外の内訳にあると言えます。
ただし、有形固定資産売却損益、有形固定資産除売却損益、有価証券売却損益、有価証券評価損益、投資有価証券売却損益、投資有価証券評価損益についても、営業活動と関係ないものなので営業キャッシュフローを計算する上では考慮する必要なく、除外して計算します。
受取利息・受取配当金、支払利息の取り扱いについても、やはり営業活動とは関係がないので重要視する必要はないでしょう。

残る内訳から考えると…

内訳で残るのは売上債権や棚卸資産、仕入債務、その他の流動資産、その他の流動負債についての増減額です。
その他の流動資産とその他の終了負債については、営業外取引の債権債務が計上されるので増減額が営業と関係あると言えません。
そのため営業キャッシュフローが赤字になる原因として考えなくて良いでしょう。

 

営業キャッシュフローのマイナスに影響しているのは3つ

以上のことを踏まえて考えた場合、営業キャッシュフローが赤字になっている原因として、売上債権、棚卸資産、仕入債務の3つの増減額が影響していると言えます。
これらの項目がなぜ現在の数値になっているかを分析していくことが必要ですが、まず運転資金の増減が大きく影響していると考えられます。
運転資金が増減する仕組みから理解し、営業キャッシュフローが赤字になる原因を特定していくようにしましょう。
理解に難しい場合には、専門家などに相談しながらどのように改善すれば良いか解決策を考えていくことも必要です。

営業キャッシュフローがマイナスでも焦らずまずは分析を

研究開発や設備・人材投資をすれば、営業キャッシュフローはその分マイナスになってしまいます。しかし、それが将来、新たな収益源となるものを生み出すのなら、そのマイナスは決して悪いことではないと判断できます。 収益をもとに将来の収益源を育て、不用な資金は資本市場に還元していくことが、理想的なキャッシュフローです。