今すぐお金を借りる方法とは?最短30分の融資審査で借り入れを行うなら!


お金を借りるときには、まず誰に頼めばよいのか迷ってしまうものです。親や親戚、知人などに借りる場合には、金額にも限界があるでしょう。

事業に必要な資金は金額が大きい場合もあり、個人に頼むよりは銀行やノンバンクなどを頼るしかないという場合もあるようです。

しかし、すぐに資金が必要という場面で、のんびり銀行に借り入れの申し込みを行い、審査の結果を待つ余裕はありません。最短30分で融資審査を行ってくれるなど、迅速性を重視した借り入れは可能なのでしょうか。

なお、迅速性を重視するならファクタリングがおすすめです。ファクタリングは保有している売掛金を期日よりも前に資金に換える方法であり、ファクタリング会社によっては即日現金化も可能となっています。

 

お金を借りる方法を決める場合

お金を借りる場合には資金の調達先を決めることになりますが、何のためにお金を借りたいのか、その目的に応じて選ぶことが大切です。

今日中にお金が必要なのか、それとも時間に余裕があるので審査に時間がかかっても低金利での融資を希望するのか、さらにはすでにある複数の借金を一本化したいのか、いくら必要なのかなど、目的や必要とする資金の金額が調達しなければならない期日など、様々な部分を加味して選ぶことになります。

このうち、すぐに資金が必要!という場合には、即日融資してくれる調達先から融資を受けることになりますが、本当に今すぐお金を借りることはできるのでしょうか。

 

即日融資でお金を借りることが可能とするローン

ノンバンクなどでは即日融資をアピールし、迅速性の高さをウリにしているローンを提供しています。

即日融資ということは、申し込みを行った日のうちに融資を受けることができることを意味するため、審査にかかる時間も短く、すぐに借りることができるか確認できることもメリットです。

金融業者によって呼び方は異なりますが、スピードローンやスピードキャッシングといった名称のものが多くみられます。

なお、融資を受ける方法ではありませんが、ファクタリングも即日で売掛金を資金化できる場合があります。もし借金を増やさずに資金を調達したいならファクタリングも方法の1つとして検討してみましょう。

ノンバンクの即日融資はインターネットで申し込みが可能

即日融資を可能とする金融業者では、借り入れの申し込みをインターネットにより行うことができるようにしていることが多く、画面に必要項目を入力するだけで仮審査を受けることができます。

審査にかかる時間も非常に短く、混雑の程度にもよりますが30分程度あれば回答を得ることが可能です。

なぜノンバンクは最短30分で融資審査結果がわかる?

ノンバンクなどは最短30分で融資可否を判断できるなど、審査のスピードが早いことが特徴です。審査の早さが即日融資に繋がっているわけですが、その理由はスコアリングによる審査が採用されているからです。

スコアリングとは、申し込み対象者の信用力を点数化することで融資の可否を判断するものです。一度に大量の申し込みがあっても短時間で処理が可能となり、審査一件に対する費用や与信審査にかかる時間削減に繋がるシステムとなっています。

申し込みのあった内容を基準に機械的に採点していくため、担当者の裁量などで結果に大きな差が生じることはなく、大変スムーズです。

最短30分で結果が出ても即日融資が可能にならない場合も

スコアリングによって審査結果が出るなら、申し込みの際に申告内容を多少ごまかしてもバレないのでは?と思うかもしれませんが、スコアリングによる審査は仮のものです。

仮審査に通っても、その後、担当者がそれぞれの点数に分析を加え、信用情報機関から得た情報なども含めながら業者独自の内容で本審査を行います

金融業者で実施される審査内容は表に出ることはなく、仮に審査に通らなくてもその理由は伝えてもらえません。

 

銀行のカードローンも最短30分で融資可否が判明する?

ノンバンクなどであれば最短30分で融資の可否がわかるとしても、金利は高めに設定されてしまうので、その後の返済負担が気になるところでしょう。

同じ借り入れをするなら、銀行のカードローンやキャッシングのほうが安心と思うかもしれません。しかし、銀行のカードローンは以前まで即日融資が可能でしたが、現在は即日融資に対応していませんので、最短でも1週間程度はかかると理解しておきましょう。

 

即日融資でお金を借りるよりおすすめの方法

最短30分で審査の結果がわかり、即日融資が可能になるノンバンクのカードローンなどは急いで資金を調達しなければならない場面で大変有効です。

ただ、金利が高く設定されてしまうため、その後の返済負担に不安を感じるという場合もあるでしょう。そのような場合、ファクタリングを資金の調達方法として検討することをおすすめします。

ファクタリングは売掛金を売却することで現金化可能とする方法ですが、早ければ即日対応してもらえるファクタリング会社もあります。スムーズな資金調達に繋がりやすく、返済負担に追われることもないため、方法の1つとして検討してみるとよいでしょう。

 

絶対に利用してはいけない即日融資先とは?

ノンバンクなど正規の貸金業者は者財務局長または都道府県知事の登録を受けて事業を営んでいます。登録を行っていないのにお金の貸し付けを行う業者ヤミ金業者ですが、一度利用してしまう事業資金を調達するどころか余計な出費を増やすだけとなり、完済させたくてもできなくなってしまいます。

事業を継続できなくなる可能性がありますので、いくら即日融資を可能としていても絶対に利用しないようにしてください。

 

まとめ

ノンバンクからの借り入れなら最短30分程度で審査が完結し、申し込んだその日に融資を受けることができ、急な資金の必要性にも有効に活用できるでしょう。

ただ、申し込みを行った曜日や時間帯によっては、翌営業日以降の扱いになる可能性もありますので、平日の午前中までに申し込みを完了できるようにしておくことをおすすめします。