中小規模の事業者が円滑に資金集めを行うために有効な手段とは?


中小企業や規模が小さめの事業者、そして起業した経営者の方などが抱える資金集めの悩みはいろいろです。

例えば、売掛先の支払いが遅くて資金繰りが悪化している場合や、金融機関に融資の相談をしても取り合ってもらえない場合など、他に有効な資金集めの方法はないかと考えてしまうものでしょう。

資金調達ができなければ、事業を継続できなくなる可能性もでてきますが、このような問題を解決する方法として「ファクタリング」が注目されつつあります。

 

資金集めにはファクタリングが有効!

ファクタリングは、銀行やノンバンクの審査が通らず、借入れができなかったという方でも利用できる可能性が高い資金集めの手法の1つです。審査が妨げとなり資金集めが円滑に進まない場合でも、素早く資金問題を解決に導ける可能性が見込めます。

元銀行員や元信用保証協会のOBなど、資金を調達する上で重要となる機関で働いていた方からも評価を得ている手法であるのは、資金集めとしての効率が高く、現金化できるまでの時間もかからないからです。

 

煩わしい売掛管理からも解放!

売掛債権を売却する企業にとっては、売掛金の管理や回収など煩わしい業務から解放されることになり、貸倒れリスクも回避することができる上に早期に現金も得ることができます。

 

ファクタリングを利用して資金集めをするメリット

ファクタリングを利用する場合は、まずファクタリング専門業者に買い取りの依頼をします。ファクタリング業者が売掛債権を買い取った後で、債権の回収が行われますので、先に必要な資金を調達できることがメリットです。

資金集めは必要だけれどこれ以上借金は増やしたくないし、そもそも銀行から融資は受けられないという場合でも、ファクタリングは借入れではありませんので返済の必要はありません。資金調達まで手続きのスピードも早く、中には申込当日や翌日に資金集めが可能となるケースもあります

まだ銀行融資の申し込みは行っていないけれど、審査に不安を感じるという場合でも、不安を解消した上で資金調達ができることがファクタリングの特徴です。

 

不安なく資金集めをしたい事業者に適した方法

ファクタリングは売掛先の経営状態を調査した上で審査を行いますので、一般的な融資で実施される審査とは異なるため、経営者が資金を調達しやすいという特徴があります。

会社経営の状態が審査の対象として重視されないことは、銀行融資の審査が不安な場合でも大きな救いとなるでしょう。すぐに資金集めを行いたい方は、ファクタリングの利用を検討してみてはいかがでしょう。