事業資金が返済不能な時はどうするの?知っておきたい基本対策


事業資金が返済不能に陥ってしまうというのはあまり経験したくないものかもしれませんが、経営の状態が悪化したタイミングなどでは避けられない問題なのかもしれません。資金繰りがショートしてしまい、資金が不足している時や、企業にトラブルが起こり経営が破綻してしまったタイミングなどでは経営方針の転換を決めなければいけないような事態も起こり得ます。基本的な対策について知識をつけておきましょう。

 

1返済不能でも慌てない

返済不能な時にまず気をつけたいのが慌てて早急に対応をしようとしない事です。返済不能に陥った時には銀行に相談を行い支払いのリスケジュールを依頼する事から対応を始めていきます。その後返済のトラブルを回避するための対応を相談して進めていくことになるので、返済に滞った時にはまず慌てずに、銀行と相談を進めるようにしましょう。

このタイミングで事態を悪化させてしまうのは他の金融業者から資金の融資を受けるなどの新たな融資です。融資を受けることでより経営が硬直化するのでしっかりと注意しておきましょう。

 

2リスケジュール後の対応に要注意

リスケジュール後の対応は一般的に資産の売却・経費削減・資金回収などの条件を提示され、この条件を満たしたのちにリスケジュールが行われる事があります。資産売却や経費の削減などの方法は非常に重要な手段で、企業によっては返済がショートする前にもうすでにこのような対策を取っている企業があるかもしれません。

このため、資金回収を行うという判断は非常に重要な資金調達手段で、万が一のリスケジュール対応のためにもこれらの知識を身につけなければいけません。

 

3資金回収にはファクタリング

資金回収を行う時にはファクタリングという方法を利用するとより短期間かつ効率的に資金回収を行う事ができます。売掛金などの債権をファクタリングで回収すると資金を短期間で得る事ができます。ファクタリングは最近では申し込みをしてから審査が完了し、支払いが行われるまでの期間が短縮されています。リスケジュールを行うことになったタイミングでファクタリングを利用すると短期間である程度まとまった資金を用意する事ができるので、銀行を説得する上で有力な材料になります。また、ファクタリングはそもそも資金のショートが起こらないようにするための対策としても欠かす事ができません。

資金繰りがショートした時や事業資金が不足した時にはファクタリングなどの方法を利用して対策を行う頻度が増します。しっかりとファクタリングの基礎知識を身につけ、万が一の返済不能時の対応をしておきましょう。