担保がなくて事業資金調達ができない時に何をすべき?


事業資金の調達を行う時に一般的に行われるのが銀行からの資金の融資です。事業資金の融資を受ける時には事業資金用の担保を用意しなければいけないような場合もあるのですが、事業資金用に担保を工面するというのは非常に難しいもので花愛でしょうか。担保の用意ができない時に利用したい事業資金の調達方についてみなさんに詳しくご紹介いたします。

 

1担保がなくても資金調達はできるのか

事業資金の調達を行う時にまず銀行からの融資を考えるかもしれませんが、銀行からの融資というのは一般的に事業資金の調達が難しい場合があり、事業の状態が悪い場合には担保が必要になる場合があります。担保が必要になった場合には担保を用いない資金調達を行う必要があり、多くの方はおそらくビジネスローンの利用を思いつかれるかもしれません。

この資金調達法は頻繁に利用するのにはあまり不向きで、資金の返済も考えなければならないので、非常に厄介な存在だと思います。このため、担保がなくても頻繁に利用できるこの他の資金調達方法として現在ではファクタリングに注目が集まっているのです。

 

2ファクタリングを利用した資金調達

ファクタリングを利用した資金調達を考える時にまずしっかりと意識しておきたいのがファクタリング企業を利用するための知識です。ファクタリング企業を利用する時には手数料についての情報や支払いまでのスケジュール、さらに取り扱い債権などの情報をしっかりと得ておく事が非常に重要です。近年ファクタリング企業が日本でも非常に数多く立ち並んでいて、ファクタリング企業を選ぶ目を養わなければ適切な資金調達を行う事ができません。しっかりと資金調達を行うためにはファクタリングに関する基本的な知識が重要です。2社間ファクタリングや3社間ファクタリングなどの仕組みも含めてよく知識を身につけてからファクタリングを利用しましょう。

 

3ファクタリングを利用した資金調達の注意点

ファクタリングを利用した資金調達を行う時に注意したいのが手数料による減額です。手数料によって支払い資金が減額されているので、しっかりと資金調達を行った後にこの手数料分だけ利益を稼ぎ出す必要があります。ファクタリングは早急に資金調達が可能なメリットがある反面本来手に入る売掛金よりも損金が発生するというデメリットがあります。このようなデメリットはあらかじめ想定して経営を行っておけば特に大きなダメージになる事ではないのですが、無計画な利用はあまり懸命な判断ということはできません。しっかりとファクタリング利用の基本を抑えて資金調達を行うようにしましょう。