事業資金調達法の基礎知識!メリット・デメリットを比較!


事業資金を調達しようと思うときにはいくつかの注意点に気をつけなければいけません。事業資金調達で抑えておきたい幾つかの方法がありますが、それぞれのメリットとデメリットを把握しなければ適切な資金調達ができません。事業資金調達はやはり知識や経験が非常に重要になります。事業資金調達で欠かす事ができないポイントを皆さんに詳しくご紹介いたします。

1事業資金調達の基本は銀行

事業資金調達で欠かす事ができない一番重要な資金確保の手段だと言えます。銀行からの資金調達では一度に大量の資金を確保する事ができますし、大手の銀行から資金調達ができ、取引を行っているということは企業にとっての一つの社会的な信用を得ているという証拠になります。このため、事業資金調達を行う場合にはまず事業の計画をしっかりとたて、事業による利益の確保の見込みを正確に立案する事が非常に重要です。この段階がもちろん一番難しいのですが、事業資金を確保するためには返済計画を立てる必要があるので、どれだけの利益調達ができ、どれだけの返済が可能なのかを確認しなければいけません。

銀行からの資金調達は資金を確保する上で欠かせない非常に重要な存在です。しっかりと計画を立てて、銀行からの資金調達ができるように心がけましょう。

2ノンバンクのローンや補助金も欠かせない

ノンバンクからの資金調達や補助金を利用して資金を獲得すると非常に役立ちます。ノンバンクではいわゆるビジネスローンなどを利用した資金調達が可能なので、資金調達を利用するときにはこのような方法を理解しなければいけません。

ノンバンクの審査は銀行の審査に比べるとややゆるいものですが、その分調達可能資金が限られてしまいます。銀行よりは支払いが早いというメリットがあるので、資金を獲得するときの参考にして見ましょう。

補助金は利用可能な条件が限られる事が多いのですが、利用できる場合には非常に有利に利用する事ができる資金獲得手段です。補助金の情報は地元の自治体や商工会議所が情報を保有しています。相談してみると役立つかもしれません。

3ファクタリングで資金調達を

ファクタリングを利用した資金調達も重要な資金調達の手段です。ファクタリングはバランスシートにネガティブな要素を与える事なく資金調達ができるというメリットがある反面、手数料の分だけ得られる資金が減少するというデメリットがあります。ファクタリングを利用する事で資金調達ができるのですが、このときにはファクタリング手数料に特に注意しなければいけません。しっかりとファクタリング企業の情報を集めて資金調達を行うように心がけましょう。