事業資金の融資金額!目安はどうやって決めるもの?


事業を行う上で現金は血液のような役割があり、事業を円滑に進めるためには現金をどれだけ保有するのかが大きなキーファクターになってきます。このため、新規事業を立ち上げたいと思ったときには借入金が必要になると思うのですが、事業資金の融資金額の設定というのは非常に悩ましいもので、金利負担などを考慮ししっかりと計画を立てて融資を受けなければいけません。返済計画の立案にも欠かすことができない事業資金の借入金の目安について皆様にご紹介いたします。

1事業資金の融資を受けたい

事業資金の融資を受けたい場合にはまず自己資金がどれだけあるのかを把握することから始めます。自己資金がどれだけあるのかを正確に把握しておかなければ事業資金の融資金額の負担の程度を把握できませんし、何よりも返済計画の提出時に自己資金の割合を明確に提示することができません。

事業資金の融資を受けるときにはしっかりと自己資金の把握をしなければいけませんし、必要な分だけ自己資金を増やさなければいけません。自己資金比率に不安がある場合には融資以外の方法で自己資金を集めるように工夫をしましょう。

2事業資金融資の目安の立て方

事業資金の融資金額の目安を決めるときに欠かせないのが月商金額です。毎月の利益の中から資金の返済に充てるものだと思いますが、毎月どの程度返済可能なのかを明確にしなければ事業資金の融資を受けることができません。

景気変動や企業の経営のトラブルなどにより月商は多少なりとも上下変動するものだと思います。このため、月商の金額からまず利益の金額を明示し、その後の利益の金額に対して各企業で許容可能な金額を返済にあてていくように計算を進めます。返済期間が長引いてしまうと利息の分支払いが増えてしまうので、可能な限り短期間で返済できるような返済計画を考え、やや余裕を持った金額の融資を受けるようにしましょう。

 

3自己資金不足の救世主

自己資金が不足しているときにはまず、ファクタリングなどの方法を利用することが重要です。ファクタリングを利用するときにはまずファクタリング企業の選定が非常に重要です。手数料の分目減りした金額が支払われるので、手数料を優先して支払いを受けるようにすると自己資金調達に役立ちます。緊急の資金調達であれば多少の手数料の割高感は許容しなければいけないときもありますが、事業資金集めに必要な自己資金の確保であれば急ぎで資金調達を行うわけではないので、金利の安さが優先されます。事業資金調達を行うときの参考にしてみましょう。