税金滞納でも大丈夫!事業資金を調達する方法


経営が苦しくなってくると税金の支払いが滞り、仕方なく税金を滞納しているという企業もあるのではないでしょうか。銀行などの金融機関から融資を受ける場合には税金の支払い状況を見られる事があり、税金の滞納が続いている場合には資金調達ができない場合があります。税金調達時でも利用できる資金調法についてご紹介いたします。

1税金滞納中に要注意!

税金の滞納中の資金調達は非常に重要です。事業を継続できるようにしながら税金の滞納を早期に解決するというのは多くの企業にとってストレスが貯まるものであり、しっかりと税金の支払い遅延を解消するためには計画性のある資金調達と運用が必要になります。

実際に資金を調達した後に臨機応変に資金の活用ができるようにしっかりと優先順位を決めて企業活動を営んだり、支払いのスケジューリングを考えるといいかもしれません。

2税金滞納時に行いたい資金調達法

税金を滞納しているときに利用したい資金調達の代表がファクタリングです。ファクタリングというのは売掛債権を現金に早期に変える方法で、資金の融資に当たるような資金調達法ではないので、資金調達に役立ちます。

売掛金というのはつけ払いと同じようなものなので、いわゆる借金を貸しているのと同じような状態になっています。このため、売掛金のことは法律上売掛債権と言われていて、この売掛債権をファクタリング企業に売却することで額面から手数料分だけ差し引いた金額を手に言いれる事ができるのです。

 

最近ではファクタリングの資金調達はスピード感のある取引が主体になり、徐々に資金調達に至るまでの期間が短くなりつつあります。緊急で資金が必要になった時にも活躍する手法なので、よく熟知しておきましょう。

3ファクタリング企業を選ぶ

ファクタリング企業を選ぶときにはいくつかの注目ポイントを理解しておくとやくだちます。ファクタリング企業は日本に数多くあり、それぞれの企業で審査の期間や支払いまでの期間が異なり、ファクタリング手数料も大きく異なっています。ファクタリング企業の手数料は支払われる金額にも大きく影響するので、しっかりと注目しておかなければいけません。ファクタリング企業の手数料は2社間ファクタリングと3社間ファクタリングとで大きく異なっていて、どちらのやり方でファクタリングを利用するのかも念頭に入れながらファクタリング企業の選定を行うと役立ちます。税金滞納中でも資金調達ができるのは非常に助かる存在ですが、資金調達を考えるときには企業選定が必要になります。経営状態が良いタイミングである程度ファクタリング企業の選定を済ませるようにしましょう。