経営リスクをコントロール!資金のリスク管理で経営を守る


資金の管理を考えるときに特に注意したいのが資金のリスク管理です。資金管理を徹底するときに注意したいのが売掛金です。売掛金が大量に発生しているときには売上こそ上がっているものの、どうしても資金管理が非常に難しくなってしまいます。しっかりと資金管理の基本を抑えておきましょう。

 

1資金のリスク管理の基本

資金のリスク管理の基本としてあげたいのが経営状態の把握です。キャッシュフロー計算書や損益計算書などの経営状態の把握手段をしっかりと活用しておくと経営状態を把握することができ、適切な経営状態の理解のためにこのような資金管理の基本を理解しておくことが非常に重要です。

この他にも注意しておきたいのが、資金繰表です。資金繰表は常に確認できるように注意しておくと資金管理が奏功します。しっかりとこれらの指標を有効活用して、資金繰に必要な着眼点を理解するようにしておきましょう。

 

2売掛金に要注意

売掛金は売上にはなるのですが、残念ながら売掛金が発生してしまうとやがて資金が不足してしまいます。このため、売上が上がっているのに資金不足、ひどい場合には黒字倒産などのトラブルを経験するきっかけになってしまいます。このため、売掛金が大量発生しているときには資金繰の状態を適正に把握して、支払い日程の調整や売掛金のファクタリングなどの方法を利用して資金獲得を行わなければいけません。

ファクタリングは特に重要な手法です。しっかりと利用法を理解して資金管理を徹底するように注意しましょう。

 

3ファクタリングを有効活用しよう

ファクタリングを有効活用すると売掛金を資金に変える事ができます。ファクタリングを利用するときにはファクタリング企業に売掛金の現金化を依頼する事ができ、資金獲得で欠かす事ができない非常に重要な手段です。

ファクタリングではまず、企業審査を受け、その後ファクタリングの可否が決定し、資金獲得ができるようになるのですが、基本的にこの審査は銀行の審査に比べて厳しくないので、審査に対して不安を覚える必要はありません。

審査に通った後には売掛金の額面から手数料分割り引かれた金額を受け取る事ができるので、手数料には要注意です。手数料は資金の獲得を考える上で欠かす事ができない非常に重要なポイントです。しっかりと注意するようにしましょう。

ファクタリングは資金獲得の基本です。しっかりと基本を意識してファクタリングを利用するようにしましょう。