売り上げ低迷時の事業資金不足!融資以外の資金獲得は?


売り上げ低迷時にはどうしても事業資金が不足してしまうこともあるかもしれません。事業資金の不足というのは非常に厄介なもので、どうにかして事業資金を確保したいと考えるのは経営者として当然の視点でしょう。事業資金の確保には融資以外にも方法があります。いくつかの方法をしっかりと理解しておきましょう。

1事業資金の不足!融資のデメリット

事業資金の不足時には融資を受けるだけではデメリットになってしまう事があります。融資を受ける際にはしっかりと融資を受けるべきか、それとも他にやるべき手段がないかと考える必要があります。資金獲得の基本である融資は確かに有力な資金獲得法ですが、審査の厳しさや、審査に通るための準備など数多くの課題を抱えているのも事実です。資金を獲得するためにはこのようなハードルをいくつも越えなければならずスピード感のある資金獲得には不向きな方法です。また、融資を受けた場合には資金の返済義務があるので、しっかりとメリットデメリットを天秤にかけて資金獲得をしなければいけないのです。

2まずはファクタリングを行う

資金獲得を考えるときにはまずファクタリングを行うのがいいでしょう。ファクタリングは売掛債権をファクタ霖雨企業に売却する事で資金を獲得する方法で、ファクタリング企業に手数料を支払うことになりますが、借金を抱える事なく資金の獲得ができます。ファクタリング企業の審査は銀行のように厳しい審査を実施されるのはごく一部で、大半の審査は非常に通りやすいものばかりです。資金獲得をするにはファクタリングが一番素早くそして負担の少ない方法です。売掛金を抱えすぎるとデメリットも数多く発生するので、しっかりとファクタリングを有効活用してみましょう。

3手形の割引も重要

手形の割引もファクタリングと同じように広く利用される資金獲得手段です。手形というのは売掛金よりも支払いまでのスケジュールが長い事が多く、手形の割引を利用しなければ非常に多くの資金が売り上げに反映されない支払い待ちの資金として残ってしまいます。

手形の割引もファクタリングと同じように手形の割引を行う企業に手形の売却を行い、手数料を支払う事で資金獲得ができる非常にありふれた方法です。手形は売掛金よりも手間がかかる取引なので、手形の管理は非常に面倒な事だと思います。手形の管理の手間や、手形管理のリスクを減らすためにも手形の割引を利用してみるといいかもしれません。