事業資金の供給元はどうやって確保する?資金確保の基礎知識


事業を行う上で気をつけたいのが資金確保の手段です。資金確保のやり方を誤ってしまったり、資金確保について適切な知識を身につけておかないとやがて倒産などのリスクを背負い込んでしまうことにつながります。資金の確保についてしっかりとした知識を身につけるようにしましょう。

1資金確保の基本は融資を受けること

資金確保をしようと考える時に一番最初に考えるのは銀行からの融資ではないでしょうか。銀行からの融資を受ける時には銀行に事業計画を提出したり、経営状態を表す資料を提出する必要があり、このような資料を提出した上で審査に通るかどうかを考えなければならないので、経営状態が悪くなっている場合にはあまり適した資金確保手段ではないでしょう。

このような場合に検討するのがノンバンクからの融資です。ノンバンクは審査の期間も短く、審査自体の進め方もそこまで厳しいものではありません。ノンバンクでは融資を受けることができる金額が銀行ほどは大きくないので、つなぎ資金の確保や緊急の資金確保に向いているかもしれませんが、長期的な事業資金となるとあまり向かないかもしれません。

2ファクタリングを考えてみよう

資金確保を行うときに考えておきたいのがファクタリングです。ファクタリングを行う時には売掛金や企業自体の審査を受ける必要があるので、多少時間がかかる場合があるのですが、売掛金の早期現金化ができるので、バランスシートに悪影響を与えることがなく、非常に良い資金調達の選択肢の一つです。

ファクタリングを行う時には企業に対して売掛債権の買取を依頼し、審査を受け、手数料の支払いを受けることができ、2社間ファクタリングの場合では相手企業にファクタリングを利用した事実を知らせることなく利用することができます。融資のように返済を考える必要がない資金確保手段なので、検討すべき方法でしょう。

3資金確保を受ける前に気をつけたいこと

資金確保を受ける前に真っ先に考えておきたいのが資金を受け取った後の企業内の資金の活用です。資金がしっかりと企業の内部に溜まるような状態になっているのか、企業内のキャッシュフローに問題はないのかと考えておくことが重要です。ファクタリングでできる資金獲得は非常に便利なものですが、その資金をしっかりと活用できているのかと考えておくことが重要なのです。

適切な資金の活用は企業の収益を大きく拡大させます。ファクタリングを有効活用するためにも、資金の活用にも注目しておきましょう。