事業者は必見!資金集めに知っておきたい3つの決済法!


事業を行う人にとって欠かすことができないのがどのように資金を決済するのかという観点です。資金決済を行わなければ事業の資金が手に入りませんし、現代の企業の決済では取引が非常に複雑化しています。このような事業の決済手段として注目したい3つの決済手段についてみなさんにご紹介いたします。

 

1ファクタリングを活用しよう

事業の資金の決済手段として知っておきたいのがファクタリングです。取引先企業の売掛金を早期に資金に変えたい、事業資金の不足を防ぎたいと考えるときにはこのような決済手段を熟知しておくと事業者として非常に役立ちます。

ファクタリングを行うときにはまずファクタリング企業を調べることが重要です。ファクタリング企業に審査を依頼し早い場合で即日、長くても数日の審査を経たのちに売掛金の早期支払いを受けることができるので、このような事業資金の決済の手段は非常に役立ちます。

ファクタリングを行うときには売掛金に対する手数料を支払う必要があるので、資金繰りに日数の余裕がある場合にはある程度手数料が低い企業を優先して選ぶといいかもしれません。

2手形の割引も重要な注目点

手形の割引も決済で役立つ手段です。手形は売掛金よりも決済までの日数がかかるものなので、どうしても事業資金の入手までに時間がかかってしまいます。手形の割引を行うのもファクタリングと同じように手形の割引を行う企業に対して依頼を立てます。ファクタリングに比べて審査の日数が多少長くなる場合もあるのですが、その後に手形の資金の支払いを受けることができるので、ほとんど似たような方法です。

売掛金の決済手段としてファクタリングと手形の割引を行うのは多くの企業が行なっていることなので事業を行なっている人は是非理解しておきましょう。

3仮想通貨でも決済ができる?

仮想通貨で決済を行うというのはあまり現代では一般的ではありません。しかし、日本以外の国では徐々に事業者が仮想通貨を保有し決済手段として利用する動きが見られるようになり、仮想通貨が投資ではなく決済の手段として注目を集めるようになりつつあります。

遠隔地にある企業間の短期決済や海外の企業との支払いに仮想通貨を利用するケースが今後増加すると言われていて、仮想通貨の決済手段としての需要が拡大しつつあります。

仮想通貨での決済は迅速さがある決済なので、仮想通貨を使って決済を行うことができるようにすると多くの企業にとって売掛金のような取引が減少すると予測する投資家もいます。

今後導入する企業が増える可能性が高いので、しっかりと熟知しておきましょう。