資金の流動性を経営に活かす!すぐに役立つポイントはこれだ


会社経営で気をつけたいのが資金の取り扱いです。資金管理を考える上でどのように資金を取り扱い、どのように資金を動かして行くのかというのは非常に重要なポイントです。資金管理で確認したい流動性についてみなさんにご紹介いたします。

1資金の流動性は経営の鍵

会社経営を考えるときにみなさんは資金の流動性に注目ができているでしょうか。資金管理を行うときには資金がしっかりと動いているのか、資金が適切な流れを作っているのかを確認しなければいけません。

お金というのは一定量が流れ込み、常に一定量が流出するサイクルを作ることが重要で、資金の流れが起こっている部分は経営活動や企業の活動が大きくなり、資金が集まりやすい場所になります。このような資金の流れの生み出し役になるような流れの強い場所は経営安定性が高くなるので、資金の管理の時の参考にしてみましょう。

 

2資金の流動性の確認には手元流動性比率が役立つ

資金の流動性の判断には手元流動性比率が役立ちます。現金・預金・短期有価証券の合計金額が月商の中にどれだけの割合で存在しているのかを表す数字で、手元流動性が高い企業は資金確保が十分にあり、なんらかの事業を行おうと判断したときにすぐに行動に移すことができるというメリットがあります。

資金流動性が高ければ高いほど手元の資金を寝かせているということなので高すぎるのも考えものですが、適切な分量はしっかりと運用するようにすることが重要です。

 

3流動性を高めるためには停滞資金の解消が必要

流動性を高めるためには停滞資金の解消が非常に重要で、特に注目したいのが売掛金です。売掛債権を解消することができるとすぐに運用可能な資金として活用できるので手元の資金の流動性を高めたいと考えるときにはファクタリング の利用が役立ちます。ファクタリング を利用することで停滞資金の流動性を確保することができるので、事業を行ったり必要な支払いに回すことができたりと、会社の経営に直接役立たせることができます。経営を改善するためには売上の向上や支出の削減など様々な対策がありますが、資金の流動性を改善するという改善法もあります。

ファクタリングを行うことで手元流動性比率の向上もでき、企業内の事業の効率を向上させるための投資に資金を回すこともできるので、さらに収益を挙げるチャンスも増えます。しっかりと資金の流れを意識し、適切な経営を行えるように注意してみましょう。