事業資金が不足している!経営で注目したい資金の供給元


事業資金が不足した時に行いたい対策についてみなさんはしっかりと理解しているでしょうか。事業資金不足を解消するために欠かせない資金の供給元について一度整理してみたいと思います。

1資金不足に陥る前に、まずは資金供給元を確認しよう

資金不足に陥った時に最初に確認したい資金の供給元は売り上げです。売り上げの金額について分析をしっかりと行い、経費に無駄がないか、お金がかかり過ぎていないか、あまりに利益が少な過ぎないかとしっかりと考えなければ適切な資金確保をできなくなってしまいます。

資金不足に陥った時にはまず通常の資金供給元の確認をしておくのが一番重要な事なのです。

 

2不足分を補うのはファクタリング

取引先企業からの売り上げを確認し、資金の納金日までまだ時間がある場合にはファクタリングなどの売掛金の回収を考えなければいけません。ファクタリングを行う事で売掛金を早期に回収する事ができるので、バランスシートに悪影響を与える事なく、資金を増やす事ができます。売掛金はつけ払いなので、あまり抱え過ぎてしまうと収益が上がっていても手元の資金が不足している状態になり、非常に経営上悪影響を与えてしまいます。

売掛金の回収を行うためにはファクタリング企業の選定をする必要があるのですが、どのような企業にするのか決めるのは非常に難しいものです。手数料と審査日数をもとに企業を決めておくと企業を選びやすくなるので、企業を決める時には会社の状態に応じて適切な企業を決めておきましょう。

 

3長期的な費用の供給を考えるならココ!

短期的な資金の供給を改善するのはファクタリングなどが一番素早く行える資金調達手段なのですが、長期的な資金の供給状態を改善するには取引企業や売り上げの改善以外にも手段を講じなければいけません。まず、ベンチャーキャピタルなどの企業に対して投資を行う企業からの投資を受けるというのも一つの良い改善手段です。企業の経営方針を変化させたり、企業の規模をこれから大きくしたい、これから企業を株式上場させたいと思っている場合には有効な改善手段かもしれません。

事業資金を集めようとする時には長期的な観点を短期的な観点の二つの視点を持って資金の供給元に当たらなければいけません。売り上げの金額を伸ばしたり、ファクタリングの改善を行うだけでは資金の管理や資金の不足がうまくいかない場合には、しっかりと中期的な視点を持って資金獲得に当たるようにしましょう。