長期に回収されていない滞留売掛金の回収方法とは?


滞留売掛金とは、売上に対する売掛代金が支払期日までに支払われずに残ったままの売掛金のことで、大なり小なり発生してしまう可能性があります。
前払いシステムなどにしない限りは発生を防ぐことは難しいですし、例えば役務の提供を受ける前で全て前払いという形を義務化してしまうことも顧客離れに繋がる可能性があります。

滞留売掛金が発生した場合

会計上や税務上では、貸倒引当金や貸倒損失を計上して処理をすればよいでしょう。しかし実際の処理としては、滞留売掛金のある取引先などに定期的に請求書等を送付し、滞留売掛金について意識してもらうことがまず必要です。定期的に意識してもらうことで払えるタイミングで払ってもらえることもあるでしょう。
しかし資金繰りが苦しいからか払ってもらうことができず、滞留売掛金が溜まれば今度は自社の経営にも影響します。そのため発生してしまった滞留売掛金は早めに回収することが重要です。

売掛金の回収方法とは?

売掛金を回収する方法としては様々な手段がありますが、訴訟や裁判になる前にできることから実践していきましょう。
おすすめなのはファクタリングの利用した売掛金回収方法です。

内容証明郵便での督促

内容証明郵便を送付したからといって強制力はありません。しかし内容証明郵便が届いたことで相手に心理的なプレッシャーを与えることはできるでしょう。

相手との交渉

もし分割支払いなら可能ということなど、相手の状況などを踏まえた上で交渉していき回収できるケースもあります。交渉による示談書を公正証書で作成しておけば、万一支払いが怠った場合には強制執行による回収を行うことも可能です。

相殺による回収

相手に買掛金があれば売掛金と買掛金を相殺して実質的な回収が可能です。相殺は相手の同意は必要なく、仮に相手が破産や民事再生をしたとしても可能ですし、内容証明郵便で相殺の旨を相手に通知して完了します。

相手の保有する債権で回収

相手が現金で支払えなくても第三者に対する売掛金を持っているという場合など、売掛金を譲渡してもらうことにより回収ができます。ただし売掛金の相手先が支払うかどうかわからないので、支払時期まで待つ必要があります。

自社の売掛金を譲渡して回収

売掛金を第三者に譲渡し、譲渡の対価で回収する方法です。ファクタリングと呼ばれる方法で、売掛金をスムーズに現金化することができます。また、買取る相手が売掛相手に対して買掛金があればさらに有効な方法として活用できます。

訴訟による回収

支払督促、少額訴訟、通常訴訟といった裁判手続から回収することになります。

ファクタリングがおすすめな理由

倒産されてからでは遅い

・倒産されると回収ができない

売掛金が滞留しているということは、売掛先に問題が発生しているのです。資金が足りなくなって、支払いたいけど支払えない、との状況に陥っているかもしれません。

そもそも資金がたっぷりとあれば、売掛金をすぐに支払ってくれるはずです。それがないということは企業の経営に何かしらの問題が発生していると考えるのが自然です。

経営難に陥った企業は、倒産する可能性も出てきます。そこで問題なのが売掛金を持ったまま倒産されてしまうことです。回収したくても倒産されてしまえば、満額の回収はできません。ほんの一部分しか戻ってこない、ということもあり得るのです。良くても10%や20%かもしれません。

ファクタリングであれば、一般的に売掛金の70%から90%程度を現金化できます。結果的に倒産されてしまったとしてもダメージを抑えられるのです。

資金をショートさせない

・売掛金を早いテンポで現金化する

売掛金があったとしても入金されなければ意味がありません。
予定よりも数ヶ月や1年遅れての入金では、事業展開なども後回しになってしまいます。チャンスを逃してしまうこともあるのです。

売掛債権の回収を待っている間に資金がショートしてしまっては元も子もありません。

ファクタリングに関しては、数日で現金化可能です。資金のショートが迫っている場合には、積極的にファクタリング利用を検討しましょう。

3社間ファクタリングを設定しやすい

・売掛金を早いテンポで現金化する

売掛金があったとしても入金されなければ意味がありません。
予定よりも数ヶ月や1年遅れての入金では、事業展開なども後回しになってしまいます。チャンスを逃してしまうこともあるのです。

売掛債権の回収を待っている間に資金がショートしてしまっては元も子もありません。

ファクタリングに関しては、数日で現金化可能です。資金のショートが迫っている場合には、積極的にファクタリング利用を検討しましょう。

滞留売掛金はできるだけ早期回収を心掛けること

売掛金が支払われないということは、取引先などにも様々な事情があることは理解できると思います。しかし溜まったままで放置していれば、今度は自社の経営や資金繰りに影響を及ぼすため早期で回収していくことが望ましいでしょう。
回収する場合にも色々な方法がありますので、どの方法が一番良いかをよく検討していくことが必要です。