売掛金は必ず回収すべき?効率の良い債権の回収方法は?


売掛金は商品などを販売した際、それに対する代金を受領する権利や債権です。後から売上になるお金であり、販売したけれど代金の回収ができていないものだと言えます。売掛金が多くある場合、回収することで売上は上がり、回収できないままだと売上は当然下がります。

回収に動いて回収できなければ無駄になる?

会社や事業の規模が大きくなると、取引先や顧客からの代金が回収できないといったトラブルが多発する傾向も高まります。売掛金トラブルを解決するために精神的なストレスや時間などを費やすことになりますし、金銭的にも負担がかかることになります。そこで回収できればまだ良いものの、結局回収に至らなければ労力も時間もコストも無駄になってしまうことになるでしょう。

銀行が気にするのは決算書と実際の金額の違い?

入るはずのお金が入らないことは会社の資金繰りにも影響しますので、金融機関や投資家など外部からも金銭管理能力が甘いと判断される場合や、成長が見込めない会社だと印象付けられる可能性があります。売掛金は回収してお金になるので決算書上は流動資産として計上されますが、その中に回収できない債権など不良債権があると数字上は大きくても実際とは異なることになります。金融機関や投資家などは、決算書の見た目の数字と実際とのズレを気にする傾向があります。

売掛金を上手く回収する方法とは?

このようなことから、決算書と数字と実際のズレを解消することが必要です。売掛金を回収する方法には様々なものがありますが、実践できる方法から行うようにしましょう。

・内容証明郵便を使う方法

売掛金の回収方法として最もオーソドックスな方法であると言えるのが内容証明郵便を送るという方法です。どのような内容のものを誰から誰に対して差し出したかを日本郵便が証明します。そのためそのような内容の郵便物は受取っていないとシラを切ることができないことになります。

・直接交渉して回収する方法

債務者と任意で話し合いを行い交渉することで解決することもあるでしょう。関係を悪化させるような話し合いは行わないことが重要になります。

・掛同士を相殺する方法

売掛金だけでなく、相手に対する買掛金がある場合には、回収できていない未収分とこちらの支払い分を相殺することで回収できたことになります。

・商品を回収する方法

販売した商品を同意のもとに引きあげ回収するといった形です。ただし同意なく勝手に引きあげる行為は窃盗罪になりますので、必ず同意を得た上で行いましょう。

・債権譲渡による回収方法

第三者に対する売掛金を持っている相手であれば、債権譲渡による売掛金を回収するといった方法も可能です。

売掛金の回収は遅れることのないように

売掛金は販売した商品などの代金ですので、必ず受取るべきお金だと言えます。売掛金の回収が上手くできなければ、経営状態が悪化してしまうことに繋がりますので遅れのないように回収していくことが必要です。