売掛金が回収できなくなった時に備える保証ファクタリングとは?


取引金額が大きい売掛先があった場合、その企業が倒産や経営破綻してしまうと売掛金が入金されず、連鎖倒産という危機に直面することは誰でも避けたいものです。

このような場合、売掛金の支払いをファクタリング会社に保証してもらう保証ファクタリングを検討してもよいかもしれません。

与信管理に対する技術やノウハウを保有した専門業者に、その業務を委託するというアウトソーシングを目的として活用される方法でもありますが、どのような仕組みになっているのかご説明します。

 

保証ファクタリングの特徴

保証ファクタリングでは、対象となる売掛先などが経営破綻したことが確認されたとき、ファクタリング会社の保証が履行されて、保証された金額が支払われる形です。

利用する上で保証料を支払う必要は出てきますが、保証料よりも売掛金の未回収率のほうが高いと感じるなら利用する意味はあります。

 

どのような売掛金でも利用できるわけではない

保証ファクタリングを利用する場合にはファクタリング会社による審査があります。この場合、対象となる売掛先がファクタリング会社にとって保証してもよい企業なのかを判断するため、信用力が著しく低いとみなされる売掛先の場合は引き受けてもらえないかもしれません。

また、初回取引時以外に継続して審査が行われるので、その都度、与信情報を提供してもらえることが特徴です。この部分が、与信管理のアウトソーシングに利用されている理由ともいえるでしょう。

もし売掛先の信用力が著しく低下してきたという場合、保証契約を結んでいても途中で解除を求められることもあるようです。

 

売掛金を保証してもらうメリット

保証ファクタリングを利用する最大のメリットは、発生している売掛金の貸し倒れリスクを防ぐことが可能である点です。

取引金額が大きい売掛先の場合、貸し倒れが発生すると自社の資金繰りまで影響を受けることなり、最悪の場合、連鎖倒産に繋がります。

売掛先に保証ファクタリングを利用している通知なども行われません。

ファクタリング会社に対する保証料は発生しても、結果として業務コストの削減に繋がることが多いようです。

 

保証ファクタリングを利用する上での注意

万一、売掛先が倒産や経営破綻などで売掛金を回収できなくなったら…。そのような場合に備えて保証ファクタリングも検討したいところです。

ただ、保証ファクタリングは与信審査に対するノウハウが高いファクタリング会社に委託することが必要なので、ファクタリング会社選びも非常に重要になることは理解しておきましょう。