少額の売掛金の場合どこでも買い取ってもらえるわけではない?


ファクタリングで資金を調達することを考えたとき、売掛金の金額が少額だとファクタリング会社に買い取ってもらえるか不安になることもあるようです。

実際、少額の売掛金の場合、どこのファクタリング会社でも利用できるわけではありませんが、その理由はなぜなのでしょう。

 

少額の売掛金は利用不可のファクタリング会社はなぜ存在する?

売掛金の金額が数十万円などの場合、ファクタリング会社に相談しても買い取りができないと断られてしまうことがあるようです。

ファクタリング会社には利用できる債権に下限を設けているところもあるので、少額の売掛金はどこのファクタリング会社でも利用可能ではないといえます。

ただ、小規模事業者などの場合、取引先は複数あってもそれぞれの売掛金額は少ないということも考えられます。また、金額の大きな売掛金は保有しているけど、初めて利用するのでまずは少額から試してみたいという場合もあるでしょう。

しかし、そのようなニーズへの対応を拒否するかのように下限を設けているファクタリング会社があるのは、手間に対するリターンが低くなるからです。

 

手間に対するリターンが低くなるとは?

ファクタリングの一般的な流れとしては、まず依頼者から相談などを申し込みに関する連絡があります。

ヒアリングした後に申し込みを受け、審査や売掛金額の査定を行い、面談、契約書類作成、契約、入金処理といった流れを経て、売掛金の実際の期日に売上が入金されるといった形です。

売掛金の金額が10万円であっても1千万円の場合でも、この流れに必要な手間は変わりません。

できるだけ高い金額が好まれる理由

依頼者から持ち込まれた10万円の債権を20%の掛け目で買取ったとしても、売上は2万円です。手続きにかかる手間や時間、人件費、広告費用などの経費を差し引けば、利益が出ないだけでなくマイナスになる可能性もあります。

それが1千万円の売掛金の買い取りの場合、5%の掛け目で買い取ったとしても50万円の売上です。

どうせ同じ手間や時間、経費がかかるのなら、できるだけ金額の大きな売掛金のほうがよいと考えるのは仕方がないことかもしれません。

 

少額の売掛金でも買い取り可能なファクタリング会社に相談を!

ただ、すべてのファクタリング会社が高額の売掛金ばかり取り扱うわけではなく、少額の買い取りにも積極的に応じたり、少額でも複数合わせて買い取りというケースもあります。

本来、ファクタリングは資金を調達したいと考える事業者のニーズに応えるためのサービスですので、金額の高低で買い取りを限定してしまうと重要に対応できなくなってしまいます。

ただ、買取金額が高いほうが手数料は低くなる傾向があるので、なるべく手数料を抑えたいのならある程度高い金額の売掛金のほうがファクタリングには有利ともいえるでしょう。