ファクタリングなら売掛金が入金されるまでの期間を短縮できる!


保有する売掛金など売掛債権を資金化させることができるファクタリングで、資金を調達して資金繰りを改善させようと考える方もいるでしょう。

売掛債権とは、商品やサービスを納品・提供は完了しているものの、回収できていない代金について請求を可能とする権利です。代金が入金されるまでの期間は取引先によって異なるでしょうが、ファクタリングによって回収までの期間を短縮できるのは大きなメリットです。

では、ファクタリングを利用するとなぜ売掛金回収までの期間の短縮に繋がるのか確認しておきましょう。

 

ファクタリングのもとになるのは売掛金

商品やサービスを販売・提供すれは売上があがります。しかし、そこで発生した売掛金がいつまでたっても回収できなければ…。手元の資金は不足し、様々な支払いができなくなってしまうでしょう。

売掛先によっては、代金が入金されるまでの期間が1か月という場合もあれば、2か月あいてしまう場合もあります。この売上発生から代金入金までの期間が長ければ長いほど、資金繰りは悪化しやすくなるのでファクタリングはこのタイムラグを埋めるために有効な資金調達の方法といえます。

 

黒字でも資金が不足すれば事業は継続できない

資金繰りの問題は中小企業にとって大変悩ましい部分です。決算では黒字だとしても、手元に資金がない状態では事業を継続することはできません。

何らかの方法で資金を調達しなければ!と焦って銀行に融資の申し込みを行っても断られてしまい、何で準備すればよいか途方にくれることは避けたいものですが、このような場合、候補として検討したいのがファクタリングです。

借り入れとファクタリングの審査は異なる

銀行など、金融機関では細かく借り入れの申し込みを行った会社の経営や財務状況を確認し、審査して貸し付けを行うか決定します。

そのため、財務状況などが悪化しており、税金を滞納していたり債務超過の状態であれば、まず融資は実行されないでしょう。

しかしファクタリングの場合、申し込みを行った会社ではなく、売掛先の信用力が重視された審査が行われます。そのため、債務超過や税金滞納などがあったとしても、利用できる可能性が高まります。

 

効率的に入金までの期間をファクタリングで短縮!

ファクタリングは借り入れを行うのではなく、保有する売掛金が入金される期間を短縮させる方法による資金調達の方法です。資金の調達方法といえば借り入れが真っ先に思い浮かぶかもしれませんが、他にも効率的に資金を調達する方法はあるということです。

銀行融資やビジネスローンなどをその後利用したいという場合にも、ファクタリングを利用したことが何か悪影響を及ぼすことはありません。

申し込みから審査、現金化までも大変迅速であり、早ければ即日入金してもらうことができる場合もありますので、検討してみるとよいでしょう。