売掛債権を現金化!ファクタリングと手形割引の違いとは?


売掛債権を現金化する方法には、ファクタリングと手形割引があります。

ファクタリングと手形割引はどちらも似た手法であると理解されていることが多いのですが、確かに共通する部分はあるものの厳密には違った手法です。

近年では手形を使った取引は減少していますので、これから資金調達にファクタリングを活用してみようと考えている経営者の方もいることでしょう。

そこで、ファクタリングと手形割引、それぞれのどのような特徴があるのか、この2つの違いについてご説明します。

 

ファクタリングは売掛債権の売買かそれとも融資か

売掛債権とは、営業活動による商品・サービスを販売・提供した売上代金のうち、まだ回収できていない代金を請求できる権利のことです。その売掛債権ですが、売掛金と受取手形という種類があります。

ファクタリングは売掛債権のうち、保有する売掛金をファクタリング会社に売却=譲渡し、期日を早めて現金化することにより資金を調達することを意味しています。

一方、手形割引は銀行や手形割引専門業者などに売掛債権のうち手形を買い取ってもらい、手形に記載されている決済日よりも前に現金化すること資金を調達できます。

どちらも似た手法に思うかもしれませんが、ファクタリングは売掛債権の売買取引であり、手形割引は融資という形になることが決定的な違いです。

 

取引先が破綻した場合のリスクの違い

ファクタリングは売掛債権の売買なので、もし現金化した売掛金の代金が回収できなくても、利用者に弁済する義務は生じません。

しかし手形割引の場合、手形を現金化することは手形の売買とみなされるのに融資という扱いなので、もし手形が不渡りになれば代金を返還する義務を負いことがデメリットです。

また、ファクタリングは売掛金を売却して現金化しますが、手形割引は手形を担保に融資を受けるとイメージするとわかりやすいでしょう。

ファクタリングはあくまでも売掛金を換金した買取代金をファクタリング会社から受け取り資金調達するのに対し、手形割引は融資とみなされるので債務を増やして資金調達する点が大きな違いです。

 

手形割引とどちらのコストが安いか

ファクタリングと手形割引でかかる支払手数料を比較すると、手形割引のほうが割安です。

どちらも売掛債権を早急に現金化したい場合に利用できる資金調達の手法ですが、もし取引先が倒産してしまった場合などにその返済義務を負うかどうかが大きな違いであり、資金調達の方法として選ぶポイントとなります。

支払う手数料は手形割引のほうが確かに安いかもしれませんが、万一不渡りになったときのリスクの大きさを考えると、利用しやすい資金調達の手法はファクタリングだとも考えられるでしょう。

 

審査で重視される項目の違い

手形割引の審査では、依頼人や手形振出人の信用力を判断されることになるので、財務状況に不安を抱えているなど、金融機関から信用されていなければがないと利用できない可能性があります。

一方ファクタリングは、売掛先の信用力を重視した審査が行われるため、利用者の財務状況などはそれほど重視されません。もし、資金繰りが悪化していて支払いができず、借入金の返済や税金の支払いなどを滞納している利用者でも、利用できることが特徴といえるでしょう。

 

ファクタリングと手形割引のどちらが資金調達に適切か

会社によって売掛金と手形、いずれかのみを扱っているケースもあれば、どちらも定期的に発生する場合もあるでしょう。どちらを資金調達の手法として用いるのかは、企業の状況などによって違いがあるといえます。

売上は上がっているけれど、まだその代金が入金されておらず、その間の支払いに行き詰っている場合には早急に資金を調達することが求められます。

実際、手形割引の利用数は少なくなっていますが、ファクタリングの利用者は増えています。手形そのものを商取引に扱うことが少なくなっている代わりに、売掛金を発生させる掛け取引が一般的になっていることがその理由といえます。

そしてファクタリングは、銀行に差し入れる担保など所有しておらず、融資を受けることが難しい会社なども利用可能です。売掛金を担保にお金を借りる方法ではないため、リスクを抑えた方法で資金を調達できます。もし資金繰りが悪化しているのなら、ファクタリングで資金調達することを検討してみてはいかがでしょう。