ファクタリングは資金の調達までが早い!即日現金化を可能とするには


保有する売掛金を、支払期日が到来する前に現金に換えるだけのとてもシンプルな資金調達の手法であるファクタリングは、資金が調達されるまでの時間が早いことが特徴です。

急な資金を必要とする場合でも対応できる資金調達の手法であると、中小企業などが有効に利用するケースが増えてきました。

特に即日現金化を可能とするファクタリング会社であれば、借り入れを申し込んだのに審査の結果がなかなか出ず、資金を調達するまでの時間が長いというストレスを回避することができます。

ただ、即日現金化するためには、一定要件を満たした上でファクタリングを利用することが必要である点を理解しておく必要があります。

 

資金調達までが早いのは事前の準備ができているから

ファクタリング会社は、買い取る売掛金が本当に存在するのか、売掛先の信用力は確かか、支払期日に間違いなく売掛債権を回収できるかなどを踏まえた上で、その売掛金を買い取るのか決めます。

そのため、ファクタリングで売掛金を即日現金化したい場合、特に初めてファクタリングを利用する場合は、事前準備が重要となると理解しておいてください。

自社を知ってもらえる資料の準備を

そのため、ファクタリング会社から信頼を得るためにも、まずは自社を知ってもらえる資料を準備しておくようにしましょう。

会社概要や開設しているホームページなどが提示できるようにしておき、過去の決算書を2~3期分は最低でも準備しておきます。

売掛金が存在していることを証明する資料の準備も必要

売却する売掛金が定期的に取引しているものであれば、継続していることが確認できる資料や、発注書、請求書などを準備します。

正午までなど早い時間に申し込みを済ませる

ファクタリングで即日現金化を希望する場合には、審査や事務作業、送金手続きが銀行営業時間内に完了できるように早めの申し込みが必要です。

申し込んだその日に売掛金を現金化させたいなら、午前中のできる限り早い時間、遅くても正午までにはファクタリング会社に申し込みを行い、必要と伝えられた書類を提出できるようにしておきましょう。

 

即日現金化に対応してくれるファクタリング会社に依頼を!

ファクタリングを利用して行う資金調達は、3~5日かかることもめずらしくありません。しかし、急いで資金を調達しなければならない場面において、数日の間、手続きが完了し送金されるまで待つのは苦しいことです。

どのファクタリング会社でも売掛金を即日現金化してくれるわけではありませんので、必ず即日対応を可能とするファクタリング会社に依頼することが必要となるでしょう。