金融機関からの融資で資金を調達するメリットとデメリットとは?


会社を創業するときの準備資金や、事業が軌道に乗って成長段階に至るまでの運転資金、他にも売上が増えたことで仕入れを行う必要性が出てきたなど、資金が必要になるタイミングはいろいろあります。

そのとき、銀行などの金融機関に融資を申し込んでみようと考えることもあるでしょうが、融資を利用して資金を調達することのメリットやデメリットについてご説明します

 

銀行などから融資を受けるメリット

銀行や日本政策金融公庫などからの融資を利用して資金調達を行うメリットしては、手元のキャッシュに厚みを持たせることができるため、経営にゆとりがでてきます。

資金繰りが悪化していると、常に月末の預金残高を気にして本業に集中することが難しくなる傾向がみられます。資金繰りだけに気持ちをとらわれがちになると、薄利多売での経営に走ってしまう可能性も出てきますが、余裕を持って長期的な戦略のもとで経営に励むことができるでしょう。

 

設備投資の機会も失わないですむ

また、設備投資などはタイミングが重要であることもあり、ある程度資金が貯まってからと考えていてはせっかくのチャンスを失う可能性もあります。

しかし、仕入や設備投資を円滑に、そして積極性を持って行うことも可能となるため、事業展開をすすめていきやすくなるはずです。

 

メリットだけでなくデメリットも把握しておくこと

融資を利用した資金調達はよいことばかりのように思えるかもしれませんが、一方、デメリットといわれる部分もあります。

まず、融資を利用すれば当然、返済義務を負うことになりますが、返済に充てる資金は利益からになるため、借り入れを行わない場合よりも資金は貯まりにくくなってしまいます

 

利益から返済できている=税金がかかる

返済ができるということは利益が出ていることになり、利益に対して税金が課税されることになります。その上、毎月発生する返済負担は、利息分以外経費として計上できません。

返済と税金の負担が重なり、儲けは出ているのになかなか資金が貯まらないと感じてしまうことになるでしょう。

仮にキャッシュフローマイナスの状況が続けば、返済負担が重くなるため、資金繰りが悪化してしまう可能性も出てきます。

 

増えた資金はあくまでも借金と理解しておくこと

銀行など金融機関からの融資を利用して資金調達することには、メリットとデメリットがあります。

ただ、いずれにしても認識しておきたいのは、資金調達して増えた手元の資金は、資産ではなく借金によるお金ということです。

借りたお金は利息を付けて返済しなければなりませんので、毎月のどのくらいなら返済可能か事前に計画を立てておかなければ、さらに資金繰りが悪化してしまうかもしれません。

事業の内容と資金繰りの状態などを加味した上で、十分に検討して実行するようにしましょう。