会社経営におけるキャッシュフローを悪化させているのは売掛金?


現金で得た収入から、同じく現金で支払った支出を差し引いた現金の支出をキャッシュフローといいますが、会社の手元にある資金を知るための大切な指標です。

帳簿上の損益とは別にして考えておく必要がありますが、その理由として、会計上の損益は売買が成立した段階で記録されるのに対し、入金や支払いはその取引が成立して一定期間を経た後である場合もあるからです。

このように、売掛金や買掛金が発生する掛けによる取引が基本の場合、帳簿上の利益と手元に残っている資金は一致しないことがあると理解しておきましょう。

また、帳簿上は利益が出ているのに、キャッシュフローがマイナスになる場合もありますが、この場合、どのような問題が生じてくるのでしょうか。

 

帳簿上は黒、キャッシュフローは赤?

帳簿を確認するとしっかり利益が出ていて売上も順調にのびているはずなのに、キャッシュフローがマイナスを示すということは手元の資金が不足している状態です。

そうなると利益が出ているのにもかかわらず、仕入れや経費などの支払いができなくなり、状況が悪化すると黒字倒産してしまう可能性も出てきます。

黒字倒産を防ぐためには、会社の経営をキャッシュフローに基づいて行うことが必要です。特に、創業したばかりの会社の場合、初期費用が多くかかることが多いため、利益は出ているはずなのに手元の資金が不足する現象が起きてしまいがちです。

運転資金が尽きれば様々な支払いができなくなり、結果、倒産してしまうことになるので特に注意が必要といえます。

 

黒字倒産を防ぐためのキャッシュフロー改善策

キャッシュフローが悪化する原因は様々ですが、特に入金までの期間が長い売掛金が多い場合は注意が必要です。

中間金や前受金を支払ってもらう

建設業などで多く見られがちなのですが、建築物など完成してからその代金が支払われるという契約の場合、数か月や半年という期間、入金されない状態が続きます。このような場合、期間の途中で中間金前受金などを支払ってもらう契約を結ぶことも必要となるでしょう。

ファクタリングで売掛金を現金化する

売上分の支払いを早めに回収できるように交渉しても難しい場合には、ファクタリングなど売掛金を売却して現金化する方法を検討しましょう。

 

入金は早く、支払いは遅く

売掛金を減らせばキャッシュフローが改善するのなら、反対に買掛金を増やしても改善に繋がるということがわかります。

入金は早めに、支払いは遅めにすることで、キャッシュフローは改善させることが可能です。

また過剰に残っている在庫は処分することで維持費や管理費を削減できる上に、売却により資金を得ることもできます。

 

キャッシュフローを改善させる効率的な資金調達方法

それでも改善されないのなら、外部からの借り入れなどで資金調達することも検討が必要になりますが、融資を受ければそれに伴い毎月の返済負担も大きくなることを踏まえた上での検討が必要です。

売掛金を減少させ、さらに負債を増やさず資金調達する方法として、効率的な方法を考えるのならやはり先に述べたファクタリングが有効といえるでしょう。

支払いサイトが長い売掛金がある場合には、キャッシュフロー改善を望むならファクタリングを上手く活用することを検討してみてください。