売掛金を担保に融資を受ける「売掛債権担保融資」とは?


事業を営むには運転資金が重要で、手元の運転資金が不足すればせっかく訪れたビジネスチャンスも逃すことになります。しかも支払いが滞ってしまえば取引先の信用を失うことになり、経営が悪化することになるでしょう。
運転資金を確保するために色々な方法で資金調達を行うことになるでしょうが、その1つである「売掛債権担保融資」について知っておくと良いでしょう。

売掛債権担保融資とは?
売掛債権担保融資は取引先に対する売掛金を担保に、運転資金を銀行やノンバンクなどの金融機関から融資を受ける方法です。
例えば銀行から売掛債権担保融資を受ける場合には、企業から銀行に申し込みがあった後、銀行から信用保証協会に対する売掛債権の保証が申し込まれます。その手続きが完了すると、銀行から企業に融資が実行されるという流れです。

売掛債権担保融資のメリットは?
業績が乏しい場合や担保不足により、銀行から追加融資を受けることができない場合などでも利用できる可能性があります。
売掛金を前倒しで資金化できるため、仕入代金や人件費、その他経費などの支払いが可能となり、受注が増加して支払いが増えた時にも有効な資金調達手段として使えるでしょう。

金融機関とのコミュニケーションが大切
また、売掛相手に債権譲渡を知られることがありませんので利用しやすい方法ですが、事業を継続させることを前提とした融資なので、企業と金融機関が密接なコミュニケーションを取り、協力することに基づいて行われる方法だと言えるでしょう。

ファクタリングと何が違う?
売掛債権を譲渡して資金調達する方法にファクタリングもありますが、ファクタリングは売掛債権を担保に融資を受けるのではなく売却することで資金を得る方法です。
本来は自社で行う債権回収業務はファクタリング会社が行うことになりますので、迅速さや効率さを比較した場合にはファクタリングのほうが便利です。

・重視される部分がファクタリングとは異なる
売掛債権担保融資で重視されるのは、融資を受ける企業の信用力です。売掛先や売掛金の状況など、金融機関の評価によって融資額も変化する傾向があります。ファクタリングの場合にはその企業寄りは売掛先の信用力が重視されます。

・貸倒れリスクの影響が異なる
さらに貸倒れリスクはファクタリング会社が負うことになるので、万一売掛先が倒産してしまっても自社に影響が及ぶことはありません。

どちらが利用しやすい?
赤字や税金未納などがあったとしても売掛債権を譲渡できるという点でもファクタリングのほうが使いやすいでしょうが、ファクタリング会社に手数料が発生します。
融資か売却かによってメリットとデメリットはそれぞれですが、いずれにしてもよく内容を理解した上で利用するようにしましょう。