ファクタリングは担保不要の資金調達方法|売掛債権の有効活用を!


近年、中小企業の間では資金調達の手段としてファクタリングを利用することが多くなったようです。このファクタリングは保有している売掛債権を専門業者などに譲渡し、現金化させることで資金を得るという手法ですが、担保や保証人などは一切必要ありません。

売掛債権を資金調達に活用する方法として、ファクタリング以外に売掛債権担保融資がありますが、こちらは借り入れを行う形となり、売掛債権を担保とする必要がありますので間違わないようにしましょう。

 

売掛債権担保融資とは

融資を受けて資金を調達しようとする場合には、不動産を担保にするケースが多いかもしれません。ただ、売掛債権も資産ですので、担保にしてお金を借りることは可能です。

その方法が売掛債権担保融資ですが、重要となるのは担保となる売掛債権の信用力です。売掛先は確実に売掛金の支払いができる信用力の高い企業なのか、取引の頻度やその内容などを確認されます。

それと同時に、借り入れを行うわけですので、融資を受けようとする企業の財務や納税状況などもしっかり審査されることになります。

返済を滞った場合は?

売掛債権担保融資で借り入れを行い、期日どおりに返済を行えば売掛金は通常通りの取り扱いとなります。しかし返済が滞った場合には、売掛先に債権譲渡が通知されることとなり、その売掛債権から返済分が回収されるという流れです。

 

ファクタリングとは

一方のファクタリングは、売掛債権を譲渡することで実際に入金予定となる期日よりも先に現金化させる方法です。

借り入れではないため、利用の際に実施される審査で重視されるのはやはり売掛先の信用力となり、ファクタリングの利用者の財務や納税状況はさほど重視されないことが特徴でもあります。

売掛債権が回収不能になった場合は?

基本的にファクタリングの場合、専門業者に譲渡した売掛債権がのちに回収不能状態に陥ったとしても、その債権の買戻しを求められることはありません

この取引をノンリコースといいますが、売掛金未回収による貸し倒れリスクはファクタリングの専門業者が負う形で取引が行われます。

 

売掛債権に譲渡禁止が盛り込まれてないか確認を

なお、売掛債権に譲渡禁止の内容が盛り込まれている場合には、売掛先に譲渡禁止条項解除してもらうか、了承を得なければ売掛債権担保融資の担保として利用することも、ファクタリングで専門業者に買い取ってもらうこともできませんので注意してください。

 

売掛債権を使った資金調達はどちらがおすすめ?

売掛債権を使って資金を調達しようと考えたとき、売掛債権担保融資のほうが利息の負担は軽めですが、審査のハードルは高めです。

ファクタリングは審査のハードルが低めですが、利用の際にかかる手数料は売掛債権担保融資よりも高めになってしまうでしょう。

ただ、万一売掛先が倒産などで売掛債権が回収できなくなったときを考えると、リスクを抑えて安心して資金を調達できるファクタリングのほうがメリットは大きいといえます。