売掛債権を譲渡する売買取引でできるリスク対策とは


銀行やノンバンクからの借り入れができず、どのような手段で資金を調達するか迷ったとき、ファクタリングがその方法として候補にあがるきっかけとなります。

ファクタリングは債務超過や税金滞納している方でも、売掛債権を譲渡する売買取引で資金を調達できる方法として知られています。融資を断られたときの最終手段として認識されている方もいるかもしれませんが、実はリスク管理を行うためにも活用できる手法です。

そこで、売掛債権の譲渡など売買がなぜリスク対策に繋がるのかをご説明します。

 

債務超過を回避する

事業を継続する上で、どうしても銀行融資に頼らなければならない場面も出てくるでしょう。ただ、売掛債権をファクタリング会社に譲渡する形で資金調達するファクタリングであれば、借り入れではないので借金を増やすことはありません。

負債ではない方法で資金を調達できれば、与信の低い会社は貸借対照表を改善させたり、回復させる方向へ変えていける可能性が広がります。

一時的な資金不足や資金繰り改善の資金調達にファクタリングを利用し、新規事業や事業拡大などで資金を必要なときのために銀行融資の与信枠を取っておくこともできるはずです。

 

貸し倒れリスクを回避する

売掛先が倒産してしまい、売掛金の回収ができなくなってしまえば、たちまち手元の資金不足に陥り、最悪の場合、連鎖倒産してしまう可能性があります。

このような場合に備えてファクタリングで先に現金化しておくことにより、万一売掛先が倒産して売掛金が回収できなくなったとしても、先に受け取った買取代金は返す必要はありません

 

売掛先の与信管理に

いくら保有する売掛金をファクタリング会社に売却したくても、売掛先の信用力が低下していれば買い取りを拒否される可能性もあります。ファクタリングにより、取引先の信用調査も可能となるので、与信管理にも活用できるでしょう。

 

黒字倒産回避に

いくら黒字で売上は順調だとしても、手元の資金が不足すれば会社は倒産してしまいます。

売掛金が入金されるまで数か月あり、その売掛金が先に入金されれば手元の資金不足に陥ることはなかったという場合もあるかもしれません。

このような場合、ファクタリングによって売掛金を期日より前倒しで現金化させておけば、手元の資金をショートさせることはないでしょう。

 

ファクタリングで緊急事態とリスクの回避を

ファクタリングにより緊急事態を回避することはもちろんできますが、先に訪れるかもしれないリスクを防ぐことも可能です。

ファクタリングで危機を回避しながら、事業を円滑に進めるためのリスク対策として上手く活用していくようにしましょう。