受け取った手形が現金化されて資金として手元に渡るまでの流れとは?


振り出す時点では現金を準備できない場合など、支払期日に額面分の支払いを約束する有価証券を手形といいます。現金での支払いを先延ばしにできるため、資金繰りを調整するために利用される支払い方法です。

一般的には掛け売りという形で、仕入れなどで材料や部品、商品などを購入したものの、その支払いは後日という場合が主流ですが、手形を使った取引もまだまだ行われています。

では、振り出された手形を受け取った場合、どのような流れで現金化され、手元に資金として入金されるのでしょう。売掛金とは違った取引の流れについてご説明します。

 

手形が現金化されるまでの流れ

手形を現金に換金するためには、支払いを行う銀行などに手形を呈示します。呈示とは手形を見せることですが、これは手形に記載のある期日を含め、銀行の3営業日までに行うことが必要です。

もし3日間のうち、銀行が営業していない日が含まれる場合には、その日数分、支払い期間は延長され、3日間の支払い期限内で手形を呈示しなければ決済ができなくなってしまいます。

そのため、もし支払いで手形を受け取った場合には、その期日を確認しておくことが大切です。なお、支払いを行う銀行が遠方などの場合、手形の郵送期間も3日間に含まれますので、早めの手続きが必要です。こちらも忘れず確認しておきましょう。

 

手形の取立を銀行に依頼

企業間の取引でそれぞれの拠点が離れた場所にある場合、支払いを行う銀行まで足を運ぶことが難しいケースもあるでしょう。このような場合は、保有している銀行口座のある取引銀行に手形を持ち込んで決済を依頼します。

これを取立の依頼といいますが、この場合、依頼した銀行に取立手数料を支払うことが必要です。

銀行によっては、期日が来るまで手形の管理を行い、期日を迎えたら取立を自動的に行ってくれる場合もあるので、たずねてみるとよいでしょう。

 

手形交換所に手形が持ち込まれる

銀行は依頼された手形の取立を行いますが、取立を行う銀行と支払いを行う銀行が異なっている場合は、一旦、その手形を手形交換所に持ち込みます。

手形交換所は全国にありますが、持ちこまれた手形は支払いを行う銀行へ交換されます。先に述べた呈示は、手形が手形交換所に持ち込まれた時点で実行されたとみなされる仕組みです。

取立を行う銀行と支払いを行う銀行が同じ場合には、手形交換所に持ち込まず、銀行内で処理が行われます。

 

手形交換所から銀行に手形が渡される

手形交換所から手形を受け取った銀行は、まず手形が不渡りになっていないか確認し、不渡りになっていなければ記載された金額を受取人の口座に振り込みます。

手形交換所に手形が持ち込まれるケースが多いことや、その日に手形交換所に持ち込まれるとは限らないことなどから、余裕をもって銀行に依頼することが求められます。

 

売掛金とは違った流れで現金化されるため管理と手続きはより厳重に!

手形は売掛金とは異なり、請求書を発行して売掛先から口座に代金が送金されるのを待っていればよいわけではありませんので、取引先から受け取った場合には管理や手続きをしっかり行うように注意してください。