建設機械、重機は増加傾向 工作機械は回復基調に

機械業界の過去の推移を見ますと、平成17年から19年までは拡大傾向にありましたが、平成19年から21年には減少に。平成21年から25年にかけて再び増加傾向にあります。

機械業界は主に建設機械系、工作機械系、重機系に分類されます。
建設機械業界の主な上位企業はコマツ、クボタ、日立建機などが挙げられます。
建設機械業界は平成19年までは新興国の需要や欧米の住宅バブルを背景に拡大を続けてきました。
しかしながら、20年後半の金融危機を発端に欧米の住宅市場が大幅縮小。欧米を中心とした建設機械需要が落ち込みました。
平成23年ごろから東日本大震災の復興による内需の拡大、海外では新興国や北米での需要拡大により、業績は再び増加に転じています。

工作機械業界の主な上位企業はマキタ、安川電機、アマダなどが挙げられます。工作機械業界も平成19年まで世界的な自動車需要を背景に拡大を続けてきました。
しかしながら、建設機械業界同様、20年後半の金融危機を発端に自動車市場が大幅縮小。自動車向け工作機械を中心に業績は急速に落ち込みました。
平成22年以降は増加に転じましたが、欧州の債務危機や中国をはじめとしたアジア経済の減速。

一方、平成25年に入ると国内の設備投資の増加、欧州の航空機、産業機械向けなどの需要が旺盛で、再び増加に転じました。

重機業界の主な上位企業は三菱重工業、川崎重工業、IHIなどが挙げられます。
重機業界も平成19年までは中国などの新興国の経済成長、世界各地の資源開発の活発化などを背景に拡大。しかしながら、建機、工機同様に、平成20年の金融危機を発端に需要は減少に転じています。
しかしながら、平成25年に入り、市況回復の動きが見え始め業界規模も増加に。厳しい状況が続いていた造船重機業界にわずかながら明るい兆しが見え始めました。

製造業界の資金繰り相談ケース

原材料のケース
・製造元に出した材料に不備があって入金のずれがあるケースや原材料が腐敗して使えなくなり、資金がショートしてしまうケースや原材料の高騰による支払い費用が増えてしまうケース。
機械の故障のケース
・機械の故障によって製造ができなくなり、資金がショートしてしまうケース。
元請けの事情によるケース
・同業他社の生産拠点が海外に移り、元請けが対抗し、原価の引き下げによる資金繰りが悪化するケースや元請けから長く受注を受けていた請負が切られてしまい、売上の減少による仕入れ材料費の手形決済が不足するケース。
・入金サイトが長く、材料費の先払いによる資金ショートするケース。
納品遅れのケース
・納品遅れと追加注文に納品遅れによる締め日の延期で資金繰りが悪化するケース。
消費者の購買意欲低下のケース
・消費者の購買意欲低下に伴う売上高減少による資金繰り悪化のケース。

資金調達プロ
ピーエムジー株式会社
(東京本社)〒160-0022 東京都新宿区新宿2丁目12番8号 ACN新宿ビル7階 TEL 03-5361-7503 / FAX 03-5361-7504
(大阪支店)〒532-0003 大阪市淀川区宮原4丁目1-46新大阪北ビル401 TEL 06-6392-2283 / FAX 06-6392-2284
SSL GMOグローバルサインのサイトシール