株式会社ピーエムジー

友だち追加で
事業資金の調達ならPMG。まずはお気軽にご相談ください。

事業資金の調達ならPMG。まずはお気軽にご相談ください。

電話でのお問い合わせはこちらから
以下の事で悩んでいません?PMGなら御社のお力になれます。

以下の事で悩んでいませんか?PMGなら御社のお力になれます。

業績悪化が原因で融資が受けられない。

返済猶予中の為、融資が受けられない。

不動産や保証人がない為、融資が受けられない。

税金滞納がある為、融資が受けられない。

信用情報に問題がある為、融資が受けられない。

金融機関への短期返済資金が不足しそう。

取引先の倒産、手形決済の資金が不足しそう。

新規事業の資金が不足している。

急激な売上増減で資金ショートが発生

お取引先からの入金がズレてしまった

PMGファクタリングサービスとは?

PMGファクタリングサービスとは?

お客様が保有する売掛債権を当社が完全買い取りすることで、 本来の支払い期限日よりも早く現金化する仕組みを、 ファクタリングと言います。

3社間ファクタリング

3社間ファクタリング

売掛先へどのようにファクタリングの説明をすればよいかなどの、サポートを行います。
ご希望によっては提携のコンサルティングをご紹介することも可能です。
売掛社様に説明の同行を行うことも出来るので安心して進めることができます。

こちらは3社間でのファクタリングとなります。日本ではまだ認知度が低いですが、利便性はとても良いです。
経済産業省中小企業庁では、中小企業者が不動産担保に過度に依存せずに資金調達ができるように売掛債権譲渡により資金繰り(ファクタリング)を勧めています。
認知度の低さから、売掛債権の利用について売掛先(取引先)等から資金繰りが 厳しいのかと言われ、ファクタリング利用により風評被害が発生することが心 配というお声を聞きます。
そこで当社では売掛先への説明などの代行やお客様に同行するなどのサポート体制も整えております。
売掛債権の利用促進は国の施策です。
「本制度の普及、利用促進 にご協力下さい。」(経済産業省中小企業庁より引用(PDF)
と経済産業省中小企業庁からも発信されています。

債権譲渡禁止特約について

債権譲渡禁止特約について

3社間ファクタリングの利用に当たり、取引にかかる契約に売掛債権の譲 渡を禁止する特約がついていると、中小企業者は売掛債権を譲渡することができません。
以前より国や地方公共団体では債権譲渡禁止特約の解除を進めており、2020年には債権法が改正されることが決まっています。
なんと120年ぶりの民法改正です。(民法466条
この債権法の改正により、債権譲渡が緩和され資金繰りが改善されやすくなる施策となる見込みです。

3社間ファクタリングのメリット

・2社間よりも買取率が高い(売買手数料が低い)・早期に資金繰りが実現できる・売掛先への説明のサポートが受けられる(ご希望の場合)

3社間ファクタリングのメリット

・2社間よりも買取率が高い(売買手数料が低い)・早期に資金繰りが実現できる・売掛先への説明のサポートが受けられる(ご希望の場合)

3社間ファクタリングのデメリット

・売掛先への承諾が必要なので信用度低下の恐れ・2社間に比べると資金調達が遅い(売掛先の承諾必須)

3社間ファクタリングのデメリット

・売掛先への承諾が必要なので信用度低下の恐れ・2社間に比べると資金調達が遅い(売掛先の承諾必須)

売掛先への説明サポート

売掛先への説明サポート 売掛先への説明代行 売掛先への説明同行

売掛先への説明サポート

売掛先への説明サポート 売掛先への説明代行 売掛先への説明同行

3社間ファクタリングはメリット、デメリットがあります。実際はお客様が売掛先から債権譲渡の承諾をもらうのは厳しいのが現状です。欧米ではファクタリングは一般的な資金調達として普及しています。
日本では「手形」による取引や「手形割引」は比較的普及していますが、「売掛債権譲渡(ファクタリング)」は、まだまだ知名度が低い資金調達方法なのです。
その為、「経営が苦しいんじゃないか・・・」と勘繰られたり、「倒産する前に取引先を変更しておこう」など今後の取引に影響してくることを懸念する経営者の方も多いようです。
その為、売掛先の同意の必要がない2社間ファクタリングの方を、手数料が高くても選んでしまうというのが現状です。しかし、当社では売掛先からの債権譲渡の承諾のサポートを致します。
おひとりで売掛先へ債権譲渡の承諾の説明に行くのは信用悪化につながるケースもあります。
しかし、債権譲渡での資金調達は国が推奨していることであり、日本ではまだ浸透していませんが、世界的にはごく当たり前のことなのです。2020年には民法改正で譲渡禁止特約も緩和されることが決まっています。
専門のプロが代行(または同行)し、売掛先へご説明させて頂くことで、3社間ファクタリングは国も推奨している資金調達方法だということを専門家からお伝えし、今後のお取引にも悪影響が出ないようにしっかりサポート致します。

国も認めている売掛金を活用した資金調達

国も認めている売掛金を活用した資金調達

中小企業のバランスシート

売掛債権の有効活用で資金繰り改善

2社間ファクタリング

2社間ファクタリング

こちらは弊社と貴社、2社間でのファクタリングとなります。
取引先への通知をせずに取引を行うことも可能ですので、信用を失わずに売掛金の現金化ができるというのが強みです。弊社では簡易的、スピーディーな審査を行っておりますので、ファクタリングの強みである最短即日での資金を可能としています。こちらがPMG独自の仕組みを用いた強みになります。

2社間ファクタリングのメリット

・売掛先への通知が不要・取引先へのマイナス影響がない・最短即日の資金化が実現

2社間ファクタリングのメリット

・売掛先への通知が不要・取引先へのマイナス影響がない・最短即日の資金化が実現

2社間ファクタリングのデメリット

・買取率が3社間よりも低い(売買手数料が高い)・審査が3社間よりも厳しい

2社間ファクタリングのデメリット

・買取率が3社間よりも低い(売買手数料が高い)・審査が3社間よりも厳しい

2社間ファクタリングはメリット、デメリットがあります。
売掛先へ通知がされないので、今後の取引への影響がないこと、資金化のスピードが3社間に比べ圧倒的な早いのが最大のメリットです。(3社間では売掛先の承諾が必要です)
デメリットとしては、3社間に比べ買取率が低くなります。(売買手数料が高い)
2社間ファクタリングの場合は、貸し倒れのリスクが伴う為2社間よりも買取率が低くなるのです。
2社間ファクタリングでは個人事業主様は利用不可のファクタリング会社も多いようです。
当社では個人事業主様にも2社間ファクタリングのご提供を行っています。
お客様にあったファクタリング方法をお選び下さい。

ファクタリングと貸金業の違いは、「担保設定」や「保証人」を要するか、「償還請求権」の有無によって異なります。
担保や保証人はとらず、償還請求権がないのがファクタリング(売掛債権売買)です。
担保や保証人をとり、償還請求権があるのが貸金業(売掛債権担保融資)です。

売掛債権担保融資では御社の抱えている売掛債権を譲渡するのではなく、あくまで担保として、融資します。
元々資金繰りで厳しい中で、ファクタリングにて未入金の売掛金を早期資金化が出来て、キャッシュフローの改善に繋がるのですが、売掛先様が倒産してしまったりして回収が不能となってしまうと、逆にその分を支払わなければならなくなります。その支払いを遅れてしまったりすると、情報機関に情報が反映されてしまい、余計に悪循環に陥ります。
弊社は貸金業ではなく、ファクタリング業であり、償還請求権がないため、買取した債権が回収困難な状況においてもお客様に保証を求めません。さらに、ファクタリング契約とは債権譲渡契約であり、買い戻し特約を付したり担保設定をするなどの特約も一切ありません。そのため、売掛先様の不払いリスクを全て弊社が負う形になります。(※消費者貸借契約ではないことは、金融庁に確認済みであり、弊社のファクタリング契約は貸金業法上の規制を受けるものでもありません)

ファクタリングと貸金業の違い

  • ファクタリングと貸金業の違いはこちら


    • ファクタリングと貸金業の違いは、「担保設定」や「保証人」を要するか、「償還請求権」の有無によって異なります。

      担保や保証人はとらず、償還請求権がないのがファクタリング(売掛債権売買)です。
      担保や保証人をとり、償還請求権があるのが貸金業(売掛債権担保融資)です。


      売掛債権担保融資では御社の抱えている売掛債権を譲渡するのではなく、あくまで担保として、融資します。
      元々資金繰りで厳しい中で、ファクタリングにて未入金の売掛金を早期資金化が出来て、キャッシュフローの改善に繋がるのですが、売掛先様が倒産してしまったりして回収が不能となってしまうと、逆にその分を支払わなければならなくなります。その支払いを遅れてしまったりすると、情報機関に情報が反映されてしまい、余計に悪循環に陥ります。
      弊社は貸金業ではなく、ファクタリング業であり、償還請求権がないため、買取した債権が回収困難な状況においてもお客様に保証を求めません。さらに、ファクタリング契約とは債権譲渡契約であり、買い戻し特約を付したり担保設定をするなどの特約も一切ありません。そのため、売掛先様の不払いリスクを全て弊社が負う形になります。(※消費者貸借契約ではないことは、金融庁に確認済みであり、弊社のファクタリング契約は貸金業法上の規制を受けるものでもありません)

金銭消費賃借に代わる資金調達手法で経済産業省中小企業庁も推奨しています。

売掛債権の利用促進について

中小企業における資金調達の課題

※ 上記は、売掛債権担保融資に関することを記載していますが、弊社のサービスは融資ではなく、償還請求権のない売買になります。
しかし、売掛債権を利用した資金調達を経済産業省や経済産業委員会が推奨していることには変わりありません

お客様の様々なご事情や条件に合わせて柔軟な契約が可能です。

お申込みから実行までのスピードは早い
最短1日で申込→契約→実行が可能です
大口でまとまった資金調達が可能
取引可能額下限なしの~5000万まで
買取率の高さと丁寧かつ熱意あるコミュニケーションがお客様から高く評価されています
コンプライアンスの遵守と透明性のある取引が安心できると他社様からの乗り換えも多数

「お申込み」から「ご契約」までの流れ

お電話・メール・FAXにてお申込み頂けます。
ファクタリング対象債権の詳細をお伺い致します。
売掛先企業様の審査を行わせていただきます。
最終確認で必要な書類を揃えて頂き簡単なヒアリングと、
弊社の審査部の最終確認を行います。
最終確認後、契約時必要書類を揃えて頂きご契約となります。
・3社間契約の場合:売掛先お客様と弊社の3社でご契約
・2社間契約の場合:お客様と弊社の2社間でご契約
ご契約完了後、貴社のご指定の口座、もしくは手渡しで現金を受け渡します。
※ご契約完了が15:00以降(お振込時間外)の場合は翌営業日のお振込となります。
最終確認に必要な書類
□決算書(税務申告済み捺印があるもの) 勘定科目
□過去直近の取引入金が確認できる書類(入出金通帳・当座通帳照合表)
□取引先との基本契約書(ない場合はご相談ください。)
□成因資料(契約書・発注書・納品書・請求書など)

PMGではお申込みからご入金まで最短1日!!まずはご相談ください。

過去の実例、成功事例

業種 建設業 年商 7億 従業員 32名 都道府県 大阪府

銀行もリスケ中で借り入れもできず、ノンバンクなど申し込みを入れてみたが、審査に通らず資金繰りで悩んでいたところにピーエムジーさんからのパンフレットをみてファクタリングというサービスを初めて知りました。当初は売掛金を抑えられたり取引先に知られてしまうなど不安に思っていたのですが、担当の方が2社間でのファクタリングもできることを分かりやすく説明していただき実際に利用してみたところ、担保や連帯保証人不要で売掛先に通知もいかず資金調達ができました。現在はピーエムジーさんにコンサルティングしていただき資金ショートすることもなくなりました。

業種 建築業 年商 4000万 従業員 3名 都道府県 埼玉県

以前他社のファクタリングを利用していたのですが、手数料が高くどうにかならないのかと思っていた所、知り合いの経営者に手数料が安い所があると言われピーエムジーさんを紹介していただきました。そうすると以前使っていたファクタリング会社と比べてみると手数料が非常に安いうえに対応もすごく丁寧ですぐに切り替えました。サービス内容だけでなく担当の方も親身に経営の事を一緒に考えてくれるので、もっと早くピーエムジーさんに出会えていれば良かったです。

業種 製造業 年商 7000万 従業員 8名 都道府県 愛知県

取引先から大きな仕事をもらいその仕事をするうえで多額な資金が必要になり銀行融資は時間がかかり他で申し込んでみたが希望する金額がでずピーエムジーさんにお願いしてみたところ次に入ってくる売掛金748万円ファクタリングを申込みしたところ598万円満額買い取っていただき569万円資金調達ができ一時的な資金ショートが解消され、健全な企業経営を取り戻すことが出来ました。

業種 卸売業 年商 3億 従業員 10名 都道府県 富山県

予定していた入金が入らず、当座の支払いが足りなくなり困っていたところピーエムジーさんのホームページをみて最短1日の買取りと記載されており申し込みをいれてみた所、迅速な対応ですぐに資金化していただきなんとか当座の支払いに間に合い不渡りを回避しました。まさか1日で資金化できるとは思わなかったので本当に助かりました。

業種 塗装業 年商 2億 従業員 8名 都道府県 東京都

大きな現場の受注を受けそれに伴い資金不足が発生し従業員の給料の支払いが足りなく悩んでいたところ、以前会社に届いたピーエムジーのパンフレットをみて即日可能ということだったので、半信半疑で相談をしたところ当日に担当者が会社に来てくれました。すると、ヒアリングを行ったところ「最低でも500万は必要ですね。」と言って頂き、次の日には手元に500万の資金調達ができ、給料も銀行返済も滞りなくクリアできました。本当に助かりました。

業種 設計製作業 年商 9000万 従業員 5名 都道府県 静岡県

取引している会社が1社倒産して入ってくる入金が入ってこなくなってしまい、軽い気持ちでヤミ金を利用したら高い金利と短い期日で入金日でもないのに支払いがくるので金利だけを払ううちに借り入れが膨れてしまいどうにもならない状態になっていたところピーエムジーさんに出会いました。すべての借り入れをまとめてファクタリングしていただき、ヤミ金とは違い支払い日が入金日なので、安定して会社を運営する事ができるようになりました。本当にありがとうございます。

業種別ファクタリング事例

資金調達プロ