FACTORING
JUST NOW FACTORING.

ファクタリング

正しい

ファクタリングを。

国も推奨するファクタリング。欧米では通常の資金調達方法として定着し、日本も遅ればせながらようやく民法が改正され、正しく導入できる未来がやってきました。一方で、いわゆる「融資」に該当する違法行為とされるファクタリングや、他社債権を充当する等の行為が見受けられます。わたしたちPMGは安心してご提供できるファクタリングのみを扱ってまいります。

正しいファクタリングを

賢者の選択。

それがファクタリング。

先行く企業や先見の明ある中小企業の経営者様がはじめている。それがファクタリングです。融資と異なり、先に入金する売掛金を最短翌日(三社間ファクタリングの場合はご請求書送付後最短2日後)にお振込。いま目の前に迫った危機に対応することが可能です。回収も、貴社に振込があったのちに回収するという仕組みになっています。安心・安全の資金調達方法、それがこれからのファクタリングになるとわたしたちPMGは信じています。

債権流動化は

日本の

NEWスタンダードに。

3社間ファクタリングの利用にあたり、取引にかかる契約に売掛債権の譲渡を禁止する特約がついていると、中小企業者は売掛債権を譲渡することができませんでした。そこで国や地方公共団体では債権譲渡禁止特約の解除を進めており、2020年4月1日に債権法が改正されました。なんと120年ぶりの民法改正(民法466条)。この債権法の改正により、譲渡制限特約が付されていても、債権譲渡は原則有効となりました。債権譲渡が緩和され資金繰りが改善されやすくなる施策となっています。債権流動化は最早、日本の新たなスタンダードになっていくのです。

メリット・デメリットを

正しく理解する。

資金調達方法には、それぞれメリット・デメリットがあります(二社間・三社間ファクタリングのメリット・デメリットについてはこちらのリンクをご参照ください)。従来通りの融資が選べるのなら、ご不安は少ないとお感じになるかもしれません。しかし、売掛金をファクタリングするという、いわば「当然の権利」を行使できる資金調達方法には、貴社にとっての資金ショートを乗り越える大きなメリットがあることを、わたしたちは信じて疑いません。どうぞお気軽にお問い合わせください。

無題ドキュメント