ファクタリングの審査で重要な売掛先の信用調査について

いつも弊社のブログをご愛読頂き誠にありがとうございます!

ピーエムジー株式会社 営業一課 の高橋です。

 

弊社は各会社様に合う資金調達のコンサルティングをご提案させて頂いております!

今回は審査の際に重要な売掛先の信用調査についてお話したいと思います。

その前に・・・

1月はお正月休みがあり会社としての仕事が減ってしまい、2月の入金が少ない。

2月は日数が少なく、売上が減ってしまった・・・・

どうしても1~2月は日数が少なく売上が減ってしまう傾向があります。

その為、売上が他月より少なく支払いに苦労する経営者様は多いかと思います。

 

その中で、ファクタリングサービスを利用してみたいけどウチの会社は使えないよ。

何故ならば下記の例がある為とあきらめてしまう経営者様のお声を聞くことがよくあります。

例えば・・・

・赤字決算

・税金滞納

・社会保険料滞納

・毎回定期的な売掛先がない

・外注の支払いを待ってもらっている

・材料の支払いを待ってもらっている   など

 

このような不安材料があり思い切ってお申込みをする事も躊躇っている経営者様!

是非、ピーエムジーにご相談ください!

先程の上記の例があるからの理由であきらめる必要はございません!!

ここで注目して頂きたいのが、

あくまで、ファクタリングサービスは売掛債権を買取り、先払いをしてキャッシュフローのサポートをさせて頂きます。

と言うことは、

審査対象が全て経営者様(この場合お申込みのお客様)の情報のみで行われるわけではないのです。

では、何を審査するのか?

買取の審査については、売掛先の与信情報で信用調査を行い買取の可否が決定されるのです。

弊社は、帝国データバンク、東京商工リサーチ、リスクモンスターなどの与信調査会社の情報を基に、売掛先全体を審査をさせて頂いております。

【主な情報元】

TDB帝国データバンク(TDB)

(特徴)

信用調査のシェア国内1位の60%を誇る。

「現地現認」を貫き、経営陣へ直接取材した内容などから報告がなされる。

「事業内容」「会社の特色」「最新の業績」など、定性的な報告も充実している。

 

TSR東京商工リサーチ

(特徴)

信用調査のシェア国内2位の20%を誇る。

アメリカの大手信用調査会社(D&B)と連携して、海外企業の調査に精通。

調査対象となる企業について、契約前に調査できる内容と費用感について把握できる「予備調査」を実施。

 

リスクモンスターリスクモンスター

(特徴)

別の信用調査会社4社の信用調査書もまとめてもらえる。

1社から信用調査を依頼できる。

中国の上海にも同グループの会社があり、中国企業に関して精通。

 

 

資金ショートが起こってしまうのは会社経営をする上で起こりうることです。

身内に借りる、取引先に借りる、待ってもらう…。

どれも社長様の信用を下げてしまう事になります。

万が一の時に急な資金を用立ててくれる会社を作っておけば今後の会社経営で困る事は少なくなると思います。

お気軽にピーエムジーにご相談頂ければ、社長様に合った資金調達をファクタリング以外でもご案内させて頂きます。

上手くファクタリングサービスを利用して資金を円滑に回すことが出来ましたら幸いでございます。

 

ピーエムジー株式会社

営業1課 高橋

東京都新宿区新宿2丁目12-8 ACN新宿ビル7階

TEL:03-5361-7503

FAX:03-5361-7504