WEBサービス業の個人事業主のお客様の事例

ピーエムジーの利用事例をご覧いただき誠にありがとうございます。

ピーエムジー営業二課の山下です。

 

今回は、WEBサービスを経営されている個人事業主A様と契約させて頂いた事例をご紹介させて頂きます。

A様はWEBで不動産賃貸情報を掲載し、顧客を紹介した場合には報酬を受け取る事業を行っていました。

しかし新型コロナウイルスの影響により、4月初旬に緊急事態宣言が発令され元請けの

不動産会社は営業自粛してしまいます。

それにより物件内見などはできなくなってしまい、

4月の不動産会社からの業務依頼はすべてなくなってしまったそうです。

そのため本来の事業は一旦保留し、5月からはIT会社に下請けとして出向することとなりました。

新しく仕事を請け負うことはできたものの、空白の1か月の影響が及ぶ結果となってしまいます。

新型コロナ感染症特別貸付や持続化補助金など、資金を調達するための制度への申し込みは行ったものの、

いつお金が入金されるかわからない状況です。

その中で業務は停止したままなのに、家賃やランニングコストは発生することとなり、

ついに資金はショートしてしまいました。

何とかしなければ!と考えたA様は、インターネットで『資金調達』というワードで検索し、

『資金調達プロ』というサイトを見つけたそうです。

サイト内には「最短1日で現金の確保が可能な資金調達方法」としてファクタリングサービスが紹介されており、

さっそくA様は資金調達プロのファタリング無料診断を試されました。

その結果、弊社も含めて4~5社からメールや電話による営業連絡が入ったようで、

その中から弊社を含む3社に2社間ファクタリングの申し込みをすることとしました。

 

申し込みに必要な書類は3社とも同じだったので、各社に同じ内容の書類を添付してメールを送り、

相見積もりにより最もよい条件のファクタリング会社に依頼しようと考えたそうです。

しかし弊社以外の他2社からの審査結果は『否決』だったようで、その理由は「初入金のため」とのことでした。

A様の第三債務者様は新しいお取引先だったため、入金実績がないことを理由に断られてしまったのです。

弊社も過去には、付き合いのない会社から初めて仕事を受けたフリをした利用者が、

架空の請求書を売掛金の証拠書類として提出するという事例に遭遇したことがあります。

このような詐欺行為を懸念し、ファクタリング会社のほとんどは初入金の案件は断ることが多いのです。

しかし弊社は、A様の新しい取引会社とのメールのやり取り・関係写真・書類など送ってもらい、

審査を行った上で契約に至ることとなりました。

 

A様からも、
「他の2社に断られたときに御社にも断られてしまうと思ったけれど、

本当に困っているときに融通を利かせてもらえて本当に助かった。ありがとう!」
とおっしゃっていただけました。

弊社では新型コロナの影響を受けている会社の受け皿になれるよう、

通常よりも審査基準など緩和するといった対応で、

より多くのお客様が資金を調達できるように取り組んでいます。

A様のように他社で断られてしまったお客様でも、

けっして諦めないでまずはピーエムジーまで一度ご相談下さい。

全力でファクタリングやコンサルティングにより、

お客様をしっかりサポートさせていただきますので今後とも宜しくお願い致します。