【ご利用事例】食料製造業のお客様500万円調達成功事例

いつもご愛読頂き誠にありがとうございます。

ピーエムジー営業部の佐々木です。

今回は過去に申し込みがあったA社のご利用事例についてお話しさせていただきます。

今回、食料製造業関連のお客様の内容は今回取引先は大手であり今までにない予想を上回る受注を受け、

先行払いのものがかなり多くなり資金ショートが起きてしまうような状態になりました。

ファクタリング自体は知っていたものの、使うタイミング等があればと思い、

弊社の会社概要のパンフレットを保管してくださっておりました。

 

資金的に500万ほどショートしており、
なんとか月末までの支払いをしないと取引が止まってしまうとのことで、

売掛債権で資金調達をしようと思い、

弊社のファクタリングサービスをご利用頂き支払いをする事が成功致しました。

 

今回のような先行払いが多い業種は、製造業だけではなく他の業種も当てはまって来ると思います。

銀行の融資では間に合わなかったりする際に

売掛債権をうまく利用し資金調達ができる事を覚えている事が出来れば

焦る事もなく余裕を持って資金繰りもうまく行くと思います。

支払い遅延を起こさない事は勿論の事、信用関係にも繋がってきますし、

今後の会社の影響にも繋がってくるものだと思います。

 

ファクタリングというものをしっかりとご理解をして頂いた上でうまく経営様には、ご利用して頂きたく思います。

 

税金関係や、給与、その他外注費、色々な支払いがある中で資金ショートが起きないで乗り越えられればそれは1番だと思います。

ですが、なにがあるかわからない中でファクタリングを、知って頂くだけでも安心できると思います。

 

今後とも弊社ピーエムジー株式会社を宜しくお願いいたします。

※債権の二重譲渡や、売掛債権の架空債権、等は決してしないようにしてください。※

 

ピーエムジー株式会社

営業3課  佐々木