【ご利用事例】建設業のお客様/大規模な工事を受注した時の資金調達

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

ピーエムジーご利用事例をご覧いただき誠にありがとうございます。

 

先日ご契約させていただきましたお客様をご紹介いたします。

建設業のお客様です。

その会社様の経営状態は決して悪いものではありません。

申し込みをいただいた理由は、月商の何倍もある工事を受注したために

先行的な資金が足りなくなってしまったとのことでした。

 

大規模な工事を受注すれば大きな金額を動かさなくてはいけません。
そのために内部留保しておく経営者様も多くいらっしゃると思います。

 

今回のお客様も大規模な工事に備えてキャッシュを蓄えており、計算上はうまくまわるはずでした。

ですが、追加工事などが想定より多くあり、キャッシュが繋がらない事態になりました。

元請に相談するか迷ったそうですが、ファクタリングというものを知り、当社に申込をしていただきました。

元請に相談をして、前払いをしてもらうことと、

手数料がかかってでもファクタリングをすることをよくお考えていただき、

お金では買えない信用問題や手数料と利益率の兼ね合いからも

ファクタリングをする意味があると判断していただきまして、今回契約をさせていただきました。

 

資金繰りをしている中で、資金ショートしてしまう理由も業種間で様々あると思いますが、

どんな場合でも誠実に対応していきます。

 

ピーエムジー株式会社
営業1課 石井