【ご利用事例】税金で差し押さえられてしまったお客様の事例

今回は、税金で売掛に対して税金で差し押さえられてしまったお客様の事例になります。

会社を経営をしていく中で税金との関係性は密にあると思います。

売上を毎年維持もしくは伸ばしていく事は並大抵の事じゃ出来ませんし、

翌年に売上が落ちてしまうことなんてことはよくあります。

税金を分納していき払えなくなってしまい、

税務署が次に差し押さえるのは売掛債権であったり

そういった処置に入りますよね。

税金があることによって払う優先を間違えてるしまうと

色々な事が後手になってしまう事があります。

そんな時にそうならないためにも、有効に売掛債権を使い

債権の流動化を図ることによって、そういった急な差し終えが入る前に

計画的にファクタリングを使ってみてはいかがでしょうか。

月の売り上げが1500万ほどで2か月にわたり600万の消費税の差し押さえで、

500万のファクタリングを無事契約する事ができました。

急な資金ショート先々起こるであろう事を、

優先に考えていきしっかりと先手に周りやっていく事がベストになっていくのではないかと考えます。

今後もファクタリングを利用するにあたり是非ピーエムジーにご相談してみてはいかがでしょうか。

 

ピーエムジー株式会社

営業3課 佐々木