【ご利用事例】新型コロナウィルスの影響を受けている経営者様へ

 

こんにちはピーエムジー営業部の平川です。

今回のコロナウィルスの影響を少なからず受けているお客さんの話をしたいと思います。

現在、私は運送業を行っているAさんとお付き合いをさせていただいております。
そんなAさんですが、今回の新型コロナウィルスによって売掛先からの入金ズレが起こってしまってしまいました。
Aさんの売り上げの約3割が海上コンテナの仕事です。
現在海上コンテナの仕事に携わっているほとんどの方がコロナウィルスの影響被害を間接的に受けています。

Aさんは今回の新型コロナウィルスによって売り上げが3割も落ちてしまうことは会社にとっての影響は絶大で、支払いが出来なくなり支払い遅延を起こしてしまうのでどうしましょう。と、かなり悩んでいました。

しかし当社としてもコロナウィルスの影響が出てしまっている企業様と契約するとゆうことはリスクにも繋がります。
ただ、A さんの会社は、コロナウィルスの影響を受けていない7割の売掛先は契約ができる状態でした。
今までご利用していただいた経緯も含めて多少リスキーではありますが今回はAさんの会社を絶対に守りたいという強い気持ちに負けて、希望金額で、契約させていただく形となりました。

ピーエムジーではいま、新型コロナウィルスの影響を少なからず受けてしまっている社長様の熱いきもちに何とかしてお答えしたいと思っています。
例えファクタリング契約が不可能な場合であっても、営業マン一人一人が培った知識やピーエムジーにしか出来ない情報を活かして経営者様のご要望にお答えしたいと思っています。

審査が通らないかもしれない
売掛金がない場合であっても何らかの形にして少しでもお力添えが出来れば思います。
いつでもご相談ください。

ピーエムジー株式会社

本社営業 平川 圭一